home駅名標の旅menu(廃止・転換・改称駅)北近畿タンゴ鉄道>宮福線



駅と風景写真のブログ  FC2 えきめぐり



北近畿タンゴ鉄道 宮福線 (宮津〜福知山)


 北近畿タンゴ鉄道宮津線は昭和63年に国鉄の未成線を引き継いだ宮福鉄道(のちの北近畿タンゴ鉄道)によって開業し、平成8年にはJR西日本北近畿地区の電化に合わせるように電化・高規格化され、JR特急が乗り入れるようになりました。
 平成27年にWILLER TRAINSに経営譲渡し、自らは第3種鉄道事業者となりました。
 
←MF200形


宮津 宮津線は乗換です
宮福鉄道開業の際に駅舎とホームが増設されました。開業当時宮津線はまだJR線でした。
宮村
宮津市郊外にあり住宅地の中の交換も可能な駅ですが利用者はあまり多くありません。
喜多
集落から離れた山の中にある1面1線の棒線駅。土手の上に駅があるため写真を見ると高架駅のようにも見えます。
辛皮
宮津市と福知山市の境界近くの山間部にある駅です。
大江山口内宮
交換可能駅で電照式のような駅名標もありますが、駅舎もない無人駅です。
二俣
1面1線の棒線駅。宮津を発車してから、ほとんど駅舎のない無人駅が続きます。
大江高校前
1面1線の高架駅。駅名にもなった大江高校まではやや距離がありますが、それでも通学利用客は多く宮福線途中駅では最も乗降客の多い駅です。
大江
宮福線の中間駅では唯一特急を含めて全列車が停車する交換可能駅です。委託の有人駅になっています。
公庄
「くじょう」と読みます。地表より高い位置に駅はありますが、高架駅ではなく築堤上にある駅です。
下天津
高架上にある1面1線の棒線駅です。利用客は少なく駅舎もありません。
築堤上にあり交換可能な2面2線の駅ですが1線スルーになっていないため通過列車が減速走行する必要があります。
荒河かしの木台
構内横を山陰本線が並走し、付近には車両基地もあります。新興住宅地のなかにある駅ですが、利用客は多くありません。
厚中問屋
福知山 JR山陰本線福知山線は乗換です
JR駅の高架から3年以上遅れて高架駅になりました。


home駅名標の旅menu(廃止・転換・改称駅)北近畿タンゴ鉄道>宮福線







駅名標写真の提供は八丁堀さまです
(C) misakitty