home駅名標の旅menu(廃止・転換・改称駅)北近畿タンゴ鉄道>宮津線



駅と風景写真のブログ  FC2 えきめぐり



北近畿タンゴ鉄道 宮津線 (西舞鶴〜豊岡)


 北近畿タンゴ鉄道宮津線は昭和7年に国鉄宮津線として全線開業した路線です。昭和62年に国鉄からJR西日本に承継され、平成2年に第3セクター化されました。
 平成27年にWILLER TRAINSに経営譲渡し、自らは第3種鉄道事業者となりました。

←KTR001形 旧タンゴエクスプローラー(JR鳥取駅)


西舞鶴 JR舞鶴線は乗換です
JR西舞鶴駅構内の切り欠きホーム1線を使用しています。ホームにはJR2番乗り場もありますが柵で仕切られています。

四所
無人駅ですが交換可能駅で関所をイメージした平成8年建築の駅舎もあります。

東雲
ここも無人駅ながら平成6年建築の駅舎があります。第3セクター化前に撤去されていた交換設備が現在は復活しています。
丹後神崎
屋根に特徴のある駅舎がありますが、棒線駅で無人駅です。駅名標がなぜかかなり傾いています。
丹後由良 駅舎の様子はこちらへ
海水浴場で有名な駅。駅舎は船の帆のような建物になっています。
栗田
「くりた」かと思ったら「くんだ」という駅名でした。国鉄当時廃止された交換設備が復活し跨線橋も設置されました。
宮津 宮福線は乗換です
KTRの中心的な駅で、構内も3面4線ととても広い駅です。
天橋立 駅舎の様子はこちらへ
JRから宮福線経由で乗り入れる特急電車のために、宮津から天橋立間だけ電化されています。
岩滝口
野田川
丹後大宮 平成25年1月撮影

駅舎の様子はこちらへ
朱塗りの駅舎があります。理由は、駅のある旧大宮町が小野小町ゆかりの地だからかもしれません。
峰山
網野 平成25年1月撮影

駅舎の様子はこちらへ
2面3線の構内がある有人駅。駅舎も立派です。
木津温泉 平成25年1月撮影

駅舎の様子はこちらへ
ホームに足湯がある駅。3セク化によって現在の駅名に改称されました。
丹後神野 平成25年1月撮影

駅舎の様子はこちらへ
海水浴場が近くにあるため、夏季は特急「はしだて」の一部が臨時停車します。
甲山
久美浜 平成25年1月撮影

駅舎の様子はこちらへ
国鉄当時からあるものを塗り替えて使っているのかモノクロの駅名標が残っていました。
但馬三江 平成25年1月撮影

駅舎の様子はこちらへ
途中駅で唯一の兵庫県にある駅。副駅名の「コウノトリの郷」のほうがメインになっています。
豊岡 JR山陰本線は乗換です


home駅名標の旅menu(廃止・転換・改称駅)北近畿タンゴ鉄道>宮津線







駅名標写真の提供は八丁堀さまです
(C) misakitty