home駅名標の旅(JR路線)menuJR西日本menu可部線


アメブロでも紹介中 駅が大好き!misakitty



JR西日本 可部線 (横川〜可部)


JR西日本 105系 可部線 可部駅  明治43年に横川〜可部間が最初に軽便鉄道で開業しましたが、平成15年11月30日をもって廃止になった三段峡まで開通したのは昭和44年のことでした。一時的に可部が終点になりましたが、平成29年に当駅からあき亀山間が復活した上、電化されました。

←105系(可部駅)


横川 JR西日本 可部線 横川駅 駅名標 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

山陽本線は乗換です
山陽本線と可部線は横川駅構内で左右に一気に分岐し、それぞれ太田川を渡って南北に分かれて行きます。
三滝 JR西日本 可部線 三滝駅 駅名標 平成21年4月撮影
 太田川を挟んで広島の市街地の対岸に駅があります。 
安芸長束 JR西日本 可部線 安芸長束駅 駅名標 平成21年4月撮影
 八角形の変わった形の駅舎があります。
下祇園 JR西日本 可部線 下祗園駅 駅名標 平成21年4月撮影
 三角屋根のかわいい駅舎がある駅です。可部線の駅の中では駅前も駅舎も立派です。
古市橋 平成21年4月撮影
 以前は区間運転列車の始発駅で交換も可能な構内を持っていますが、現在は快速も止まらない駅になってしまいました。
大町 平成21年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ

広島高速交通アストラムラインは乗換です
 平成6年のアストラムラインの開業の際に乗り継ぎ駅として新設された駅。新駅なのに、可部線内の駅では乗降客数ナンバー1です。 
緑井 jrw-midorii 平成15年7月撮影
山陽本線同様、可部線にも色々な直流電車が走っています。湘南カラーは可部線に似合う?
七軒茶屋 jrw-shichikenjyaya 平成15年7月撮影
風情のある駅舎があるのですが、うまく駅名標と一緒に撮ることができませんでした。
梅林 平成21年4月撮影
 ここで広島方面に折り返す列車が設定されています。小さくてかわいい駅舎があります。
上八木 jrw-kamiyagi 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅舎の小ささでは全国トップクラス。そんな駅舎の外壁に国鉄っぽい駅名標がありました。
中島 平成21年4月撮影
可部線で最も乗降客が少ない駅。駅舎もない棒線駅です。 
可部 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

可部〜三段峡はこちらから
写真の駅名標は三段峡まで廃止後撮影したものではなく、1番ホームにある横川方面専用ホームのもの。
河戸帆待川 平成29年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅前にはスーパーマーケットがあり、交通量が多い道路も並走しています。
あき亀山 平成29年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
可部線の新しい終着駅となりました。1面2線の旅客ホームのほか側線も複数あります。



home駅名標の旅(JR路線)menuJR西日本menu可部線






(C) misakitty