JR西日本 加古川線 (加古川〜谷川)
加古川 平成15年12月撮影

駅舎の様子はこちらへ

山陽本線は乗換です
 高架工事中の加古川駅。山陽本線は既に高架となっていますが、駅舎側と反対側にある加古川線ホームは、地表駅のままでした。
滝野 平成16年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 駅舎はコミュニティホール併設です。交換可能駅となっています。
 加古川線は大正13年に全通した路線です。国鉄時代は、この地域にはたくさんの支線がありましたが、両端に接続路線を持つ、加古川線のみがJR線として生き残りました。他の山陽・山陰ルートと同様、山陰側に北上するにしたがい運行本数が減少し、厄神で半減、西脇市でさらに半減という運行形態になっています。平成16年12月に全線電化が完成しました。
←電化間近で最後の活躍をしていた加古川線DC(西脇市駅)
平成16年3月撮影
駅舎はなく、片面ホームに待合室だけの駅があります。
西脇市 平成16年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 跨線橋にあるペイントされた当駅表示のみの駅名標。
黒田庄 平成16年3月撮影
 逆光を浴びて、ちょっと見えにくくなってしまいました。
新西脇 平成16年3月撮影
 「新」とついていますが、駅舎は木造駅舎。入口はホームと平行にあり、ちょうど写真の裏側になります。閑散区間に入っても、関西都市圏型駅名標がある加古川線。
日本へそ公園 平成16年3月撮影
 名前のとおり日本へそ公園への最寄り駅。駅舎はありません。待合室壁にある国鉄型駅名標。
谷川 平成16年3月撮影

福知山線は乗換です

駅舎の様子はこちらへ
 加古川線単独タイプの駅名標ですが、カラーはレギュラータイプです。
home駅名標の旅(JR路線)menuJR西日本menu加古川線



駅と風景写真のブログ  FC2 えきめぐり
 
粟生 平成26年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

北条鉄道北条線、神戸電鉄粟生線は乗換です
駅舎はバックに車両が写っている神戸電鉄、それに北条鉄道と共用です。

home駅名標の旅(JR路線)menuJR西日本menu加古川線







(C) misakitty


日岡 平成26年7月撮影
木造駅舎が残る駅です。加古川駅を出るとすぐに地表に降りるので地表駅となっています。
神野 平成26年7月撮影
駅舎は南口・北口と二つあり、最近改築されたきれいな建物です。
市場 平成26年7月撮影
相対式ホームの交換可能駅で両方のホームに駅舎がある便利な駅です。
厄神 平成26年7月撮影
以前は、国鉄三木線、のちの三木鉄道が分岐していました。橋上駅舎があります。
河合西 平成27年8月撮影
変形木造駅舎がありますが建築は最近のものです。
小野町 平成26年7月撮影
小野市の市街地からはかなり離れていて駅も棒線駅です。
本黒田
比延
久下村
船町口
青野ケ原 平成27年8月撮影
河合西駅と同じときの撮影でよく似たホームで同じようなアングルの写真となりました。
社町 平成27年8月撮影
交換可能駅です。地球儀の形をした駅舎があります。