home駅名標の旅(JR路線)menuJR西日本menu大阪環状線


クイズや日常の鉄道ライフをつづるブログ  アメブロ 駅好き!misakitty


JR西日本 大阪環状線 (大阪〜天王寺〜大阪)

 大阪市内中心部を一周する路線で昭和36年と意外に遅い開業です。最初から新線として建設されていたわけではなく、旧大阪鉄道(大阪〜鶴橋〜天王寺)、旧西成鉄道(大阪〜西九条)が明治時代に敷設した路線などを使用して、ごく一部に新線を建設して環状鉄道としました。
 しかし開業当初は、西九条駅が高架と地上に線路が分かれていたため、完全な環状運転はできなかったとのことです。

←103系(大阪駅)

大阪 平成16年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東海道本線は乗換です
環状路線ですが、ここ大阪駅構内にちゃんと0キロポストがあります。
福島 平成16年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 大阪駅を発車してすぐの駅。近くを東海道本線が通っているのがまだ見えます。
野田 平成16年5月撮影
高架下のレンタルビデオ店にも自動改札があり、直接ホームにあがれる駅です。
西九条 平成15年12月撮影

駅舎の様子はこちらへ

桜島線、阪神電気鉄道阪神なんば線は乗換です
USJに向かう桜島線の分岐駅で、特急も停まる駅です。
弁天町 平成16年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ

大阪市高速電気軌道中央線は乗換です
駅横には、交通科学博物館があります。
大正 平成16年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ

大阪市高速電気軌道長堀鶴見緑地線は乗換です
大阪ドームのイラストを背景にした駅名標もありますが、実は、それは、新聞社の広告。隣駅表示は「昭和」と「平成」になっています。
芦原橋 平成16年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
ホームの蛍光灯が反射してちょっと見にくい駅名標写真になってしまいました。
今宮 平成15年12月撮影

関西本線は乗換です
関西本線との併設駅。夜間でいまいち駅の配線構造が分かりませんでした。
新今宮 平成16年5月撮影

関西本線南海電気鉄道本線高野線は乗換です
 通天閣にフェスティバルゲートと大阪の新旧名所への最寄り駅。USJなどと違い、実に大阪らしい雰囲気が漂う風景がある駅周辺です。
天王寺 平成15年12月撮影

駅舎の様子はこちらへ

関西本線阪和線、大阪市高速電気軌道御堂筋線、谷町線は乗換です
大阪環状線用には2面3線を使用しており、同線では最大の構内を持つ駅です。
寺田町 平成16年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
桃谷駅と同様、大阪環状線の駅らしく2面2線の対面ホーム駅です。高架下には商店街が並んでいます。
桃谷 平成16年3月撮影
大阪環状線の中では、唯一生野区にある駅。
鶴橋 平成15年8月撮影

駅舎の様子はこちらへ

近畿日本鉄道大阪線、大阪市高速電気軌道千日前線は乗換です
 奈良方面から大阪市中心部への玄関口にあたり、1日の乗降客も10万人以上いるターミナル駅です。
玉造 平成15年8月撮影
 明治28年の開業。山陰本線に「玉造(温泉)」駅というのがありますが、由来はどちらも同じで、古代に勾玉を造る玉作部が住んでいた土地だったからです。
森ノ宮 平成15年8月撮影

大阪市高速電気軌道中央線、長堀鶴見緑地線は乗換です
 付近に森ノ宮電車区があります。なかなか風情のある名前ですが、由来も聖徳太子が父を祀ったお宮から付けられた歴史のあるものです。
大阪城公園 平成15年8月撮影
 昭和58年開業で、大阪環状線の中では一番新しい駅。訪問当夜は、モー娘。のイベント終了直後で、ホームに人があふれていました。
京橋 平成15年8月撮影

駅舎の様子はこちらへ

JR東西線片町線京阪電気鉄道京阪本線、大阪市高速電気軌道長堀鶴見緑地線は乗換です
 明治28年開業で、立体交差駅となっています。京阪電車とも連絡していて京都方面に向かうには便利な駅です。
桜ノ宮 駅舎の様子はこちらへ

平成16年5月撮影
 大阪環状線を乗車すると、よく森ノ宮駅と勘違いして、いつのまにか京橋を過ぎてしまったかと慌てる駅。地元の方ならそんなことはないのでしょうが。
天満 駅舎の様子はこちらへ

平成16年5月撮影
 大阪駅の隣駅で利用客も多い駅ですが、ホームからの出口が大阪方にはないのにはびっくりしました。
大阪 東海道本線は乗換です



home駅名標の旅(JR路線)menuJR西日本menu大阪環状線







(C) misakitty