home駅名標の旅menu(JR路線)JR北海道menu札沼線



きままな各駅停車の旅ブログ  FC2 えきめぐり



JR北海道 札 沼 線 (桑園〜新十津川)


 昭和10年全通で、路線名のとおり当初は札幌(桑園)と留萌本線の石狩沼田を結んでいましたが、昭和47年に新十津川〜石狩沼田間が廃止されて現在の盲腸路線となりました。札幌から北海道医療大学までは、札幌近郊の通勤・通学路線で電化され運行本数も多いいですが、その先新十津川に向かうにしたがって石狩平野の中を行くローカル線となっていきます。


←新十津川に向かう単行キハ(石狩月形駅)


桑園 平成15年7月撮影

函館本線は乗換です
 札沼線用ホームにある専用駅名標です。
八軒 平成25年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
JR化直後に開業した駅。桑園から当駅までは単線です。
新川 平成15年7月撮影
 昭和61年開業で平成12年に高架化とともに駅舎も建て替えられました。 
新琴似 平成15年7月撮影
 地下鉄との乗換駅で駅舎は高架駅舎です。窓を多用した駅舎ですが、雨天だと構内はやはり暗いようです。
太平 駅舎の様子はこちらへ

平成25年7月撮影
 国鉄末期に開業した駅です。複線区間にある地表駅となっています。 
百合が原 駅舎の様子はこちらへ

平成25年7月撮影
 昭和61年に開催された博覧会のための臨時駅でしたが、地元の要望とJR化によって常設駅となりました。
篠路 JR北海道 札沼線 篠路駅駅名標 平成20年6月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
新しい駅が目立つこのあたりの駅の中では昭和9年開業で落ち着いた雰囲気の駅舎が残る駅です。 
拓北 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 最近開業した新駅かと思ったら昭和42年開業でした。以前は東篠路という駅名だったので勘違いしていたみたいです。駅舎は小さく次第に札幌の市街地から遠ざかっているなと感じさせます。
あいの里教育大 平成20年6月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
 札沼線の複線区間の末端駅。北海道教育大学の最寄り駅です。
あいの里公園 平成20年6月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
 あいの里をニュータウンとして開発する際に釜谷臼駅を移転して改称した駅。
石狩太美
石狩当別 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
札沼線の中心駅。駅舎も新しく立派です。ここと次の北海道医療大学駅で、札幌都市圏の鉄道としての使命は終えてしまう札沼線です。
北海道医療大学
石狩金沢 JR北海道 札沼線 石狩金沢駅 駅名標 平成20年6月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
昭和後期に貨物取扱いが廃止されても、しばらくは簡易委託駅として残っていましたが、現在は付近の駅と同様に緩急車利用の待合室があるだけです。
本中小屋 JR北海道 札沼線 本中小屋駅 駅名標 平成13年7月撮影*
札沼線によくみられるデザインの緩急車改造の駅舎があります。左の小さいパネルは名所案内板です。
中小屋 JR北海道 札沼線 中小屋駅 駅名標 平成13年7月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
手書きのような所在地表示らしきものがある駅名標。あとで付け足したのでしょうか?
月ヶ岡 平成15年7月撮影
公園の中にある駅。駅舎はなく公園の施設建物があるだけです。
知来乙 平成15年7月撮影
 ホームだけの駅かと思ったら、後方に見える道路脇にポツンと駅舎がありました。
石狩月形 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 空知支庁にあるのに、なぜか石狩とついた駅名。石狩当別〜新十津川間で唯一の交換可能駅です。
豊ヶ岡 平成15年7月撮影
 石狩平野のなかにポツンとある森の中の駅。木造の小屋のような駅舎が森の中に佇んでいます。
札比内 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 北海道らしい駅名です。青いトタン屋根の小さい駅舎があります。
晩生内 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 バックの倉庫が北海道らしさを感じさせてくれます。
札的 平成15年7月撮影
 待合室だけの駅。雨がかなり降ってきて窓の外が見えにくくなってきてしまいました。
浦臼 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 後ろに見えるのが駅舎です。札幌方面からここまでは1日7往復の列車が運行されていますが、ここから先は1日3往復となります。
鶴沼 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 ますます雨が激しくなり、駅名標も綺麗に撮れなくなってしまいました。うしろに見える工事現場の事務所みたいなのがどうやら駅舎のようです。
於札内 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
JRになる前は仮乗降場でした。壁掛けながら北海道では珍しく国鉄型駅名標が残る駅です。駅舎はなく、鶴沼駅とよく似た様式のホーム待合室があるだけです。
南下徳富 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 アルファベット表記に2カ所「-」記号が入っている駅。
下徳富 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 「・・・徳富」の付く駅の中では一番大きい駅で開業も開通当初の昭和9年です。
新十津川 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 昭和47年から札沼線の終着駅となってしまいました。石狩川を挟んで函館本線の滝川駅があります。駅名標のバックは駅舎です。



home駅名標の旅menu(JR路線)JR北海道menu札沼線







(*=写真提供は八丁堀さまです)
(C) misakitty