home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>広島高速交通>広島新交通1号線(アストラムライン)


駅と風景写真のブログ  FC2 えきめぐり


広島高速交通 広島新交通1号線
(アストラムライン)
本通〜広域公園前


 アストラムラインの愛称で親しまれている広島新交通1号線は広島市で開催されたアジア大会の開催に合わせて平成6年に全線が一括開業しました。
 起点の本通から城北までは、札幌市の地下鉄と同様に案内軌条式鉄道としては数少ない地下区間となっています。

→6000形(新白島‐白島)


本通 平成22年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

広島電鉄宇品線は乗換です
広島市の中心部、紙屋町の地下街からもとても近い駅です。
県庁前 平成25年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ
本通から城北までは地下駅です。そして本通から県庁前は地下鉄として建設された区間になります。
城北 平成27年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
地下駅ですが地表が近く一部地表のあかりがさす部分があります。
新白島 平成27年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ

JR山陽本線は乗換です
地下から高架に変わる部分に駅ができました。駅舎は白くて丸い大きな窓がたくさん空いた変わった構造の駅舎です。
白島 平成27年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
ここから高架駅です。JRの新白島駅からもよく見えます。
牛田 平成24年12月撮影*
副駅名になっているビッグウエーブは、夏はプール、冬はスケートリンクになる屋内施設です。
不動院前 平成24年12月撮影*
中筋駅と同様に高速バスのバス停があって乗換に便利な駅です。
祇園新橋北 平成24年12月撮影*
不動院前とは国道54号線の太田川を渡る祇園新橋を挟んで南北に駅が設置されています。
西原 平成24年12月撮影*
この辺りのアストラムラインは、JR可部線と芸備線の中間地点を南北に並走しています。
中筋 平成24年12月撮影*
山陽道の広島インターから降りて広島市内に向かうと最初にある駅、そのためか高速バスとの乗継に便利な駅になっています。
古市 平成24年12月撮影*
副駅名は「中須」、中須・古市とも当駅付近の地名です。
大町 JR可部線は乗換です
毘沙門台 平成24年12月撮影*
団地の名前がそのまま駅名になりました。
安東 平成24年12月撮影*
安地区の東にある駅だから「やすひがし」と読みます。
上安 平成24年12月撮影*
駅ごとにステーションカラーが異なるアストラムライン、上安駅はパープルです。
高取 平成24年12月撮影*
ステーションカラーは、西原駅と同じくピンクです。
長楽寺 平成24年12月撮影*
車両基地や交通科学館があります。当駅始発・終着の列車があります。
平成24年12月撮影*
副駅名は広陵学園前です。
大原 平成24年12月撮影*
隣の伴駅・伴中央駅と同じく伴地区にある駅ですが、当駅の駅名に「伴」は付きませんでした。
伴中央 平成24年12月撮影*
アストラムラインの駅の中では利用者が少ない駅です。
大塚
広域公園前 平成22年7月撮影

ビッグアーチへの最寄り駅。山の緑に囲まれたとても自然豊かな場所にありますが並走する山陽自動車道のため静かではないような気がします。



home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>広島高速交通>広島新交通1号線(アストラムライン)






*→写真提供は八丁堀さまです。
(C) misakitty