home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>ひたちなか海浜鉄道>湊線



アメブロ  駅舎が大好き!misakitty


ひたちなか海浜鉄道 湊線 (勝田〜阿字ヶ浦)掲載駅のみ表示


 湊線は昭和3年全線開業しました。昭和19年から永らく茨城交通の路線となっていましたが経営悪化から、平成20年に第3セクターのひたちなか海浜鉄道の路線となりました。
 全線単線非電化で、昭和時代は国鉄との直通運転も行われていましたが、現在は線内のみの運行となっています。
 特徴的なデザインの駅名標が印象的な路線です。

←3710形(勝田駅)


勝田 平成22年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

JR常磐線は乗換です
勝田駅の1番乗り場に専用ホームがあります。
日工前 平成22年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
「日工」は日立工機のことです。開業当初は同社従業員だけが利用可能な駅でした。
金上 平成22年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
モノクロの駅名標も健在です。バックには廃止になった三木鉄道の車両が当時の塗装のままで活躍していました。
中根 平成22年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅名標の矢印とバックの線路を見るとわかるように駅名標がホームに垂直に設置されています。
高田の鉄橋 平成26年12月撮影

駅舎の様子はこちらへ
平成26年に開業した新しい駅。地元で通称名で呼ばれている橋の名前がそのまま駅名になった珍しい駅。
那珂湊 平成22年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
ひたちなか海浜鉄道の中心駅的な存在。古そうなモノクロの駅名標があります。
殿山 平成22年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅舎は駅前より低い位置にあるため、そこに駅があるとは周辺からはわかりにくい場所にあります。
平磯 平成22年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
元はスーパーマーケット併設の駅舎がありました。海が近くにあり、「磯」の字のイラストは付近の太陽観測センターのアンテナでしょうか?
磯崎 平成22年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
こちらの駅名標イラストは、平磯駅とは対照的に林を想像させるものとなっています。
阿字ヶ浦 平成22年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
バックには木造駅舎が見えます。茨城名物のあんこうをあしらった駅名標です。



home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>ひたちなか海浜鉄道>湊線






このページの写真提供は八丁堀さまです。
(C) misakitty