上毛電気鉄道 上毛線 中央前橋〜赤城
  上毛線は昭和3年開業です。開業当初から電化されていました。開業当初はライバルの国鉄両毛線は非電化だったため優位を保っていましたが現在は赤字経営が続いています。現在の車両は旧京王3000系が京王当時と同様にレインボーカラーに塗装され走っています。

→700型(新里駅)

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>上毛電気鉄道>上毛線
中央前橋 平成22年7月撮影
上毛線のターミナル駅、ガラス張りの駅舎は平成12年の建築です。JRの前橋駅とは約1キロメートル離れています。

このページの写真提供は八丁堀さまです
home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>上毛電気鉄道>上毛線
城東 平成22年7月撮影
ちゃんと見えるように手入れすればいいのにと思ってしまいます。平成6年までは一毛町(いっけまち)という駅名でした。
赤城 平成22年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東武鉄道桐生線は乗換です
バックは東武桐生線構内です。停車しているのは特急りょうもうでしょうか。東武桐生線の終着駅ですが駅管理は上毛電気鉄道が行っています。
西桐生 平成22年7月撮影
昭和3年の開業当初から使われている洋風駅舎が残っています。
三俣 平成22年7月撮影
島式ホームがある交換可能駅。昭和後期までは貨物営業もしていました。
天王宿 平成22年7月撮影
島式1面2線の交換可能駅。桐生市の市街地にある駅です。
桐生球場前 平成22年7月撮影
駅名のとおり、桐生市運動公園内にある桐生球場への最寄り駅。平成18年開業です。当駅付近まで東武桐生線が並走しています。
片貝 平成22年7月撮影
上毛線の駅名標は、所在地の地番まで入っています。
上泉
赤坂 平成22年7月撮影
1面1線の棒線駅、所在地だけではなく、丁寧に「住所」とも書いてあります。隣駅表示が窮屈そうです。無人駅です。
心臓血管センター 平成22年7月撮影
平成6年開業の新しい駅、何だかすごい名前です。開業以前は信号場で前橋病院前信号場と呼ばれていました。
江木
大胡 平成22年7月撮影
木造駅舎が残る駅。車両基地もあり、その建物も木造のまま残っています。
樋越
北原
新屋
新里 平成22年7月撮影
相対式ホームがある交換可能駅。関東最大の屋内温水プール、カリビアンビーチが近くにあります。
平成22年7月撮影
駅名の由来は、近くにある膳氏が築いたお城の名前だそうです。駅舎はない棒線駅。
粕川
新川
東新川
富士山下 平成22年7月撮影
「ふじさん」ではなく「ふじやま」という小さい山が駅の近くにあります。
丸山下 平成22年7月撮影
手前の富士山下駅との間で渡良瀬川を渡ります。