home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>くま川鉄道>湯前線


きままな各駅停車の旅ブログ  FC2 えきめぐり



くま川鉄道 湯前線 (人吉〜湯前)


 旧国鉄湯前線を平成元年に第3セクター化した路線。沿線は会社名のとおり、球磨川の中流から上流域を走ります。
 開業2年目の平成2年に比べ輸送実績は75%に低迷していて、他のローカル3セク同様、苦しい経営となっているようです。
 車両は、100形、200形、それにJRのキハ31を改造した300形があり、観光用のKUMA1、KUMA2と呼ばれる改造車両も走っています。

←203型KUMA1車内


人吉温泉 くま川鉄道 湯前線 人吉温泉駅 駅名標 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ

JR肥薩線は乗換です
平成21年に駅名が「人吉温泉」に改名され、JR駅と同一構内で違う駅名になりました。副駅名は神城文化の森人吉温泉です。
相良藩願成寺 くま川鉄道 湯前線 相良藩願成寺駅 駅名標 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
国鉄当時は「東人吉」という駅名でした。構内脇をJR肥薩線が並走しています。
川村 くま川鉄道 湯前線 川村駅 駅名標 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
命名権による駅名はラフティングストーンズ川村駅です。
肥後西村 くま川鉄道 湯前線 肥後西村駅 駅名標 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
前後駅表示のほうが、大きくて太いフォントになっている駅名標がありました。
一武 くま川鉄道 湯前線 一武駅 駅名標 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
ちょっとJR九州っぽい駅名標。ひと駅ごとにちょっとずつデザインの違う駅名標が楽しめるくま川鉄道です。
木上 くま川鉄道 湯前線 木上駅 駅名標 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
「ツクシイバラの里」という愛称駅名が付いています。
おかどめ幸福 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
まるでJR九州仕様の駅名標がありました。
あさぎり 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
湯前線の中間駅では交換も行われる中心となる駅。駅舎はとっても変わってデザインです。
東免田 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
まるで掲示板に張り付けられたような駅名標。モノクロのシンプルタイプの駅名標です。
公立病院前 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅名のとおり公立多良木病院の最寄り駅として第3セクター化された際に開業した駅です。
多良木 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
変わった形の屋根の駅舎がある有人駅です。構内の人吉温泉方にある国鉄当時の構内付近に14系寝台列車を使ったホテル?が建設中でした。
東多良木 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
国鉄当時からある駅。駅名標は木枠で、できれば国鉄当時の駅名標を残っていたら嬉しかった駅です。
新鶴羽 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
平成2年の第3セクター移管と同時に開業した駅です。
湯前 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
国鉄線だったころの面影を残す木造駅舎が残る終着駅です。



home駅名標の旅menu(JR以外の路線)くま川鉄道>湯前線







(C) misakitty