home駅名標の旅menu(JR以外の路線)長崎電気軌道本線


アメブロでも紹介中 駅が大好き!misakitty



長崎電気軌道 本線 住吉〜正覚寺下


 長崎電気軌道の幹線となっている本線は、昭和43年に全線開業しました。運行上の路線名である系統番号のうち1〜3号系統と4,5号系統も一部区間が乗り入れる、全系統の電車が走る路線です。
 
←300形(西浜町停留場)
 


住吉 平成25年9月撮影

赤迫支線は乗換です
本線の起点ですが電車は赤迫支線と直通運転となっています。
昭和町通 平成25年9月撮影
赤迫方面の電車だけが停車する停留場です。
千歳町 平成25年9月撮影
駅名標の下にある「チトセピア」は行政機関も入った複合商業施設です。
若葉町 平成25年9月撮影
背後はスーパーマーケット。買い物には便利な停留場です。
長崎大学前 平成25年9月撮影
長崎大学の3か所のキャンパスのひとつ、文教キャンパスがあります。
岩屋橋 平成25年9月撮影
当停留場までが併用起動。この先、右にカーブして専用軌道に入ります。
浦上車庫前 平成25年9月撮影
千鳥配置の相対ホームのほかに、当停留場始発用に長崎駅前方向は相対式ホームとなっています。
大橋 平成25年9月撮影
ここと次の松山町停留場はJR長崎本線の高架橋と並走します。
松山町 平成25年9月撮影
平和公園への最寄り駅で観光客の利用者が多い駅です。
浜口町 長崎電気軌道 本線 浜口町停留場 駅名標 平成20年12月撮影
今回訪問した長崎電気軌道の電停では珍しかった電照式の駅名標。
住吉方はビルの1階部分をトンネルで突き抜けて専用軌道から併用軌道にに入ります。
大学病院前 平成25年9月撮影
停留場名となっている長崎大学病院や片足鳥居への最寄り停留場です。
浦上駅前 長崎電気軌道 本線 浦上駅前停留場 駅名標 平成20年12月撮影
停留場番号は系統または路線別ではなく、単純に数字のみの番号が振られています。
茂里町 平成25年9月撮影
ここから銭座町停留場にかけて大型商業施設「みらい長崎ココウオーク」があります。
銭座町 平成25年9月撮影
「ぜんざまち」と読みます。バックの「DAIHATSU」の看板は長崎ダイハツの本社でかつては電車の車庫があった場所です。
宝町 平成25年9月撮影
電車に乗るためには必ず歩道橋を使用しないといけないためユニバーサルデザイン化されていません。
八千代町 平成25年9月撮影
ピンぼけ写真。なんとか電停の名称がわかる程度になってしまいました。
長崎駅前 平成25年9月撮影

桜町支線、JR長崎本線は乗換です
観光客が必ず利用する停留場かもしれません。1日乗車券は左手のJR長崎駅内で購入できます。
五島町
大波止
出島 平成25年9月撮影
江戸時代の歴史の教科書には必ず出てくる「出島」の入口にあります。
築町 平成25年9月撮影

大浦支線は乗換です
ここから西浜町までは、メインの1系統と5系統が乗り入れにぎやかな区間です。中華街への最寄り駅です。
西浜町 平成25年9月撮影

蛍茶屋支線は乗換です
「にしはまのまち」と読みます。長崎市最大の商業地域にあります。
観光通り 平成25年9月撮影
観光地がメインではなく、デパートやアーケード商店街などの商業地域としてにぎわっています。
思案橋 長崎電気軌道 本線 思案橋停留場 駅名標 平成20年12月撮影
駅名標には路線図のほか、低床車両3000形の運行時刻表も貼られていました。
正覚寺下 平成25年9月撮影
1面1線の棒線構造で線路の下は川が流れています。



home駅名標の旅menu(JR以外の路線)長崎電気軌道本線









(C) misakitty