home駅名標の旅menu(JR以外の路線)東武鉄道>伊勢崎線1


アメブロでも紹介中 駅が大好き!misakitty



東武鉄道 伊勢崎線1 浅草〜東武動物公園


東武鉄道 50050系 梅島駅  東武鉄道の主力路線である伊勢崎線は明治43年に全線開業しました。総延長距離114.5キロは、日本の私鉄(国鉄からの転換路線を除く)では、最長となっています。北越谷までは複々線、東武動物公園までは複線となっています。
 日光線などへの特急列車も多数運行しているほか、東急電鉄・東京地下鉄半蔵門線、東京地下鉄日比谷線とも乗り入れを行っています。

←50050系(梅島駅)(写真提供:tekkenさま)


浅草 平成24年4月撮影*

駅舎の様子はこちらへ

都営地下鉄浅草線、東京地下鉄銀座線は乗換です
駅ナンバリング導入・とうきょうスカイツリー駅改称などによって新しくなった駅名標です。
とうきょうスカイツリー 平成24年3月撮影*

駅舎の様子はこちらへ

業平橋駅名標はこちらです
東京スカイツリーの開業に先立つ平成24年3月17日に「業平橋」から改称されました。旧駅名も駅名標に小さく表示されています。
曳舟 東武鉄道 伊勢崎線 曳舟駅 駅名標 平成21年4月撮影*

駅舎の様子はこちらへ

押上方面、亀戸線は乗換です
 都心と結ぶ押上方面への路線と亀戸線の分岐駅です。写真の駅名標は、伊勢崎線伊勢崎・浅草・押上方面のものです。
東向島 東武鉄道 伊勢崎線 東向島駅 玉ノ井駅 駅名標 平成21年5月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
昭和62年までは「玉ノ井」という駅名でした。駅名標には現在でも旧駅名が表記されています。
鐘ヶ淵 東武鉄道 伊勢崎線 鐘ヶ淵駅 駅名標 平成21年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
相対式ホームに上下通過線が中央にある4線構造の駅です。
堀切 東武鉄道 伊勢崎線 堀切駅 駅名標 平成21年4月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
北千住方面乗り場はかわいい木造駅舎が残る駅。となりの牛田駅までは約700メートルしかありません。
牛田 東武鉄道 伊勢崎線 牛田駅 駅名標 平成21年10月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
駅前を挟んですぐそばに京成関屋駅があり連絡運輸駅として設定されています。
北千住 東武鉄道 伊勢崎線 北千住駅 駅名標 平成16年11月撮影

JR常磐線首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス、東京地下鉄日比谷線千代田線は乗換です
 地下鉄との乗り入れのため浅草駅発着列車が少なくなった伊勢崎線の最大のターミナルとなっています。
小菅 東武鉄道 伊勢崎線 小菅駅 駅名標 平成21年10月撮影*
この区間の複々線は中央に緩行線があるため、島式ホームになっています。葛飾区の地名から小菅という駅名ですが、駅の所在地は足立区足立です。
五反野 東武鉄道 伊勢崎線 五反野駅 駅名標 平成21年10月撮影*
緩行線だけの停車駅でホームも緩行線にしかありませんが、複々線化前にあったホームの一部が急行線に残っています。
梅島 東武鉄道 伊勢崎線 梅島駅 駅名標 平成21年10月撮影*
敷地が狭いため、島式ホームを上下線ずらして使用しています。
西新井 東武鉄道 伊勢崎線 西新井駅 駅名標 平成21年5月撮影*

駅舎の様子はこちらへ

大師線は乗換です
大師線の分岐駅で伊勢崎線の緩急接続も可能な駅。両線合わせて3面6線の構内となっています。
竹ノ塚 東武鉄道 伊勢崎線 竹ノ塚駅 駅名標 平成21年10月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
緩行線のみの停車駅ですが、当駅終着の列車がたくさん運行されています。地名は「竹の塚」です。
谷塚 東武鉄道 伊勢崎線 谷塚駅 駅名標 平成21年10月撮影*
高架駅です。緩行線だけの停車駅のためホームは1面2線となっています。
草加 東武鉄道 伊勢崎線 草加駅 駅名標 平成21年5月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
 2面6線で外側から通過線・急行線・緩行線に分かれています。写真の駅名標は、急行線用の駅名標です。
獨協大学前 平成29年4月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
 副駅名の「草加松原」は松尾芭蕉の奥の細道の初日に登場する名勝です。東武だけでなく鉄道ファンにはなじみがある撮影ポイント駅です。
新田 東武鉄道 伊勢崎線 新田駅 駅名標 平成21年10月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
東武に限らず、最近多くなった横長の駅名標は、撮影もアップもちょっと窮屈になってしまいます。
蒲生 東武鉄道 伊勢崎線 蒲生駅 駅名標 平成21年10月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
平成7年に高架化され、駅舎も平成10年に完成しました。高架前は2面3線ホームでしたが、現在は緩行線のみの1面2線ホームとなっています。
新越谷 東武鉄道 伊勢崎線 新越谷駅 駅名標 平成21年10月撮影*
JR武蔵野線南越谷との乗換のために設置された駅。当初は地表駅でしたが、現在は高架のJR線をまたぐ高い位置にホームがある高架駅となっています。
越谷 東武鉄道 伊勢崎線 越谷駅 駅名標 平成21年10月撮影*
急行線停車駅のため構内は2面4線、さらに通過する特急・快速のために左右外側に通過線があるため6線構造の駅となっています。
北越谷 東武鉄道 伊勢崎線 北越谷駅 駅名標 平成21年10月撮影*
高架区間・複々線区間の終点駅です。越谷駅より開業が早く、乗降客も多い駅です。
大袋 東武鉄道 伊勢崎線 大袋駅 駅名標 平成21年10月撮影*
北越谷複々線化前までは、2面4線構造でしたが現在は2面2線となっています。現在でも構内には広かった構内の名残が残っています。
せんげん台 東武鉄道 伊勢崎線 せんげん台駅 駅名標 平成21年10月撮影*
駅名を漢字で書くと「千間台」、昭和42年開業で、通過列車の待避が頻繁に行われる2面4線の駅です。
武里 東武鉄道 伊勢崎線 武里駅 駅名標 平成21年10月撮影*
パネルの枠が古いタイプの駅名標。こちらのほうがサイズ的には写真に収めやすい形になっています。
一ノ割 東武鉄道 伊勢崎線 一ノ割駅 駅名標 平成21年10月撮影*
郊外の私鉄駅らしいモルタルの駅舎がある駅です。
春日部 東武鉄道 伊勢崎線 春日部駅 駅名標 平成21年4月撮影*

野田線は乗換です
ずっと「かすがべ」って読むんだと勘違いしていた駅。
北春日部 東武鉄道 伊勢崎線 北春日部駅 駅名標 平成21年12月撮影*
一部時間帯には始発・終着列車も設定されている駅です。島式1面2線ホームですが側線から乗り場番号が振られているため、3・4番ホームと表示されています。
姫宮 東武鉄道 伊勢崎線 姫宮駅 駅名標 平成21年12月撮影*
平成13年完成の橋上駅舎がある駅です。
東武動物公園 東武鉄道 伊勢崎線 東武動物公園駅 駅名標 平成21年4月撮影*

伊勢崎方面日光線は乗換です
東武動物公園が開園するまでは「杉戸」という駅名でした。写真の駅名標は伊勢崎線のみのものですが、ラインカラーは「スペーシア色」となっています。



home駅名標の旅menu(JR以外の路線)東武鉄道>伊勢崎線1







※→写真提供は八丁堀さまです。
(C) misakitty