平成16年11月27日訪問
 岩手刈屋駅は昭和17年開業です。現在も木造駅舎が残っています。
 以前は木材を積み出す貨物駅としても賑わっていました。

駅前

かつての貨物駅の賑わいを感じさせる駅前です。早朝だった
せいもありますが乗降客は全くいませんでした。
構内から見た改札

解体寸前の岩手和井内駅と異なり、つい最近まで有人駅だった
かのように綺麗に使われていました。
左右の駅名をクリックすると隣の駅のページに行けます
構内(岩泉方)

駅舎から構内を横断してホームにたどり着きます。
駅舎の反対側からも自由に構内に入れます。
構内(茂市方)

以前は、相対式の2面2線だったのかもしれません。
home駅舎の旅(廃止・転換路線の駅)menu>JR東日本>岩泉線>岩手刈屋駅
駅と風景写真のブログ

えきめぐり

訪問後記

同じ木造駅舎が残っていた岩手和井内駅と比べると、駅舎、構内とも綺麗に整備されて
いる駅でした。駅舎のほかホーム待合室もあり以前は利用者が多かったことをうかがわ
せてくれました。


home駅舎の旅(廃止・転換路線の駅)menu>JR東日本>岩泉線>岩手刈屋駅






(C) misakitty