平成21年5月3日訪問
 津軽今別駅は青函トンネルが開通した昭和63年に開業しました。
 カメラ位置と駅との間にはJR東日本津軽線が走っていて、左端部分に津軽二股駅が
あります。
 駅舎はなく、津軽二股駅に併設された「道の駅いまべつ」が駅舎代りになっています。
 1日に特急列車が数本しか止まらない駅ですが、将来は北海道新幹線の奥津軽駅
として利用される予定のある駅です。
駅入口

土手に登ると、構内が見えてきます。
構内(中小国方)

ここから中小国までは約13キロもあります。
構内入口

上下線のホームには待合室が設置されているだけです。
構内の移動は踏切です。
構内(木古内方)

ホームは長そうに見えますが有効長は6両分しかありま
せん。
境界表示のある駅名標(*)

左のレギュラータイプにも「JR北海道」の文字がプリントされ、
右の駅名標は、境界駅であることを示すタイプになってい
ます。
駅への通路

津軽二股駅から通路が設置されています。
左右の駅名をクリックすると隣の駅のページに行けます
JR北海道 津軽海峡線 津軽今別駅

home駅舎の旅(廃止・転換路線の駅)menu>JR北海道>海峡線>知内駅






このページは八丁堀さま(無印)、Love Trainさま(*印)に写真提供をいただき作成しました
(C) misakitty

駅と風景写真のブログ

えきめぐり

home駅舎の旅(廃止・転換路線の駅)menu>JR北海道>海峡線>知内駅