次の掲載駅は信濃平駅です→
home駅舎の旅menu長野県JR路線図飯山駅
左右の駅名をクリックすると隣の駅のページに行けます
←前の掲載駅は豊野駅です

平成27年6月12日訪問(新駅舎)
平成16年7月26日訪問(旧駅舎)

 飯山駅は大正10年開業です。写真の駅舎は千曲川口駅舎で、北陸新幹線の開業前の
平成26年に、在来線部分と駅名広場の使用が開始されました。


駅前

広々として開放的な駅前になっています。
新幹線出札

利用客の姿はほとんどなく閑散としていました。
新幹線改札

出札窓口と同様に利用客の姿は見ることはできませんでした。
駅舎内

売店等がありますが、落ち着いたライティングが施されています。
新幹線構内(高崎方)

乗ってきた列車を見送ったところ。
在来線構内(金沢方)

列車が走り去ると誰もいない長いホームがさみしいです。
時刻表

延伸開業した北陸新幹線の駅では最も停車本数が少なく
一部の「はくたか」も通過します。
在来線改札

こちらは窓口はありますが誰もいませんでした。改札機も
なくまるで無人駅のような扱いでした。
在来線構内

島式の1面2線の構内で旧駅構内を知ってる者としてはさみしさ
を感じます。
旧駅舎

 現在の駅舎から数百メートル
越後川口方に離れたところに
ありました。
 寺院のお堂風の駅舎でした。
旧駅舎駅前

烏山線の烏山駅とよく似た風景でした。
旧駅舎駅内

狭いですが、常に利用者がいるような駅でした。
構内

島式ホームのほか側線がたくさんありました。
釣鐘

飯山駅の最大の特徴はこの釣鐘でしたが、今はどこにあるので
しょう。
構内の車庫

この車庫も現存はしていないそうです。


訪問後記

 北陸新幹線の開業によって飯山線上に新幹線駅が誕生しました。沿線の方の利便性は良くなった
ようですが、停車本数が少ないので、乗換内で長野まで在来線を利用したほうが便利な気がします。



home駅舎の旅menu長野県JR路線図飯山駅







(C) misakitty