home駅舎の旅menu秋田県JR路線図田沢湖駅
左右の駅名をクリックすると隣の駅のページに行けます

平成25年7月2日訪問

 田沢湖駅は大正12年開業です。現在の駅舎は平成9年の秋田新幹線開業の際に
建築されました。
 写真をご覧になると分かるとおり、駅前から駅舎の向こうの山々が眺められ、逆に構内の
列車から駅前の街並みを見ることができる開放的な造りになっています。


駅前

生保内地区の集落があります。
駅内

緩やかな曲線を描いた構造です。
「こまち」とIRIS

秋田新幹線の模型と、その奥の階段には当地でロケを行った
韓国ドラマのラッピングが施されています。
出札

有人窓口のほか自動券売機も2台設置されています。
改札

窓口側だけが使用されています。
駅名標と竜の頭

伝説の竜が飾られています。
構内(大曲方)

早朝の構内は盛岡・大曲方面に向かう通勤列車の起点
となっています。
構内(盛岡方)

2面3線ですべて標準軌です。


訪問後記

盛岡からの一番列車で訪問しました。早朝の田沢湖駅は新幹線の駅、山間のローカル駅の景色
ではなく、通勤・通学列車の始発駅の光景が広がり、違う顔を見せていました。



home駅舎の旅menu秋田県JR路線図田沢湖駅







(C) misakitty

次の秋田新幹線の掲載駅は大曲駅です