平成15年7月29日訪問
 昭和25年開業(昭和21年仮乗降場で開業)です。木造駅舎が残る無人駅です。
駅周辺は住宅もありますが、丘陵地帯の静かな環境にあります。
駅前の様子

商店も目立った場所にはなく畑が広がるのどかな風景でした。
駅舎内の様子

 かなり殺風景な光景。
構内側の駅看板

 平仮名の大きなものが駅舎壁に取り付けられています。
構内の様子

左が大沼方、右が函館方で、構内は
対面式の2面2線構造です。
跨線橋(2番ホームから)

 とてもしっかりした造りで、中央にしきりがあることから、昇降方向で
わけているのかと思ったら、写真左は駅を横断する自由通路、右が駅
改札口に向かう通路でした。
 1番ホーム出口で、自由通路は左に曲がり、改札口向かう通路から
は進入できないようになっていました。
左右の駅名をクリックすると隣の駅のページに行けます
home駅舎の旅menu北海道(函館地区)JR路線図大中山駅
次の掲載駅は本線新函館北斗駅、藤城支線大沼駅です→
駅舎正面

木造駅舎らしい入口です。
訪問後記

 丘陵地帯にある、静かな木造駅舎でした。びっくりしたのは跨線橋。初めて2番ホームに降り立つと
どちらが自由通路かわからないので、改札口に行きたくても間違って進入すると出ることができない
のです。とは言っても無人駅なので、そう不便はないかもしれませんが。



home駅舎の旅menu北海道(函館地区)JR路線図仁山駅






(C) misakitty


駅と風景写真のブログ

えきめぐり