訪  問  後  記

 駅前が狭くて駅舎を綺麗にファインダーに収めることができない上、逆光、そしてタクシーの客待ちで全景写真はうまく撮れなかったのが残念でした。

平成18年12月29日訪問(旧駅舎・ぷ〜やん)
平成27年4月18日訪問(新駅舎・misakitty)

 恵良駅は昭和4年開業です。駅舎は平成27年建築で駅前の八鹿酒造の建物を
模した酒蔵風の建物になっています。

駅前

酒造会社は、写真左手の奥にあります。
駅舎内

作り付けのベンチがあるだけの簡素の駅舎内です。
先哲資料館

駅の一部は地元の歴史などを紹介する資料館となっています。
構内(大分方)

相対式の2面2線構造です。
構内(久留米方)

駅舎側のホームは長く伸びています。構内の移動は
久留米方になる構内踏切で行います。
左に伸びる側線が気になります。
旧宮原線ホーム

側線側は旧宮原線の乗り場となっていました。ホームの
段差の違いが廃止になってからの月日の経過を感じさせ
ます。
旧駅舎

純木造の駅舎がありました。
平成26年の火災により焼失
してしまいました。
旧駅舎入口

手が加えられていない古いままの駅でした。
旧駅舎内

このベンチを埋め尽くすだけの乗客がいた時代はあった
のでしょうか。
出札窓口

窓口は小型でした。この部分だけは改装されていました。
旧駅名標

駅舎に取り付けられた黒板型の駅名標が木造駅舎を
飾っていました。


訪問後記

 駅前が狭くて駅舎を綺麗にファインダーに収めることができない上、逆光、そしてタクシーの
客待ちで全景写真はうまく撮れなかったのが残念でした。(ぷ〜やん)
 新しい駅舎は、土蔵のような落ち着いた駅舎になっていました。資料館もあって簡易駅舎のよう
な雰囲気はありませんでした。宮原線の面影が今もよく残っている駅でうれしかったです。(misakitty)



home駅舎の旅menu大分県JR路線図恵良駅






(C) misakitty





左右の駅名をクリックすると隣の駅のページに行けます
home駅舎の旅menu大分県JR路線図恵良駅