駅と風景写真のブログ

えきめぐり

平成15年10月13日訪問

 波多浦駅は明治34年開業です。ホームに待合室だけの駅です。
 周囲に民家はあまりないように見えますが、乗降客は三角線の中では多い方です。

駅前

すぐ踏切になっています。
構内(宇土方)

塩屋トンネルという短いトンネルがあります。
待合室の裏手を覗くと

カニが隠れていました。



訪問後記

 駅入口側には、豊肥本線などでよく見られるSLイラストの駅名標がありました。このタイプの
駅名標は、開業年月日や駅名・地名由来が書かれていて、データ収集には便利です。ちなみに
波多浦駅の由来は、落武者が浦で離ればなれになった妻子を懐かしみ涙を流したから、涙が浦
と呼ばれ、それが波多(なみた)浦と転じたとなっていました。



home駅舎の旅menu熊本県JR路線図波多浦駅






(C) misakitty


左右の駅名をクリックすると隣の駅のページに行けます
home駅舎の旅menu熊本県JR路線図波多浦駅