平成15年6月14日訪問(puyan)
平成24年5月5日訪問(misakitty)
                        訪  問  後  記

 鹿児島本線には少なくなった純粋な木造駅舎が残っていました。駅舎の黒ずんだ木材
が何とも言えない落ち着きを与えてくれる駅です。
 ただ、構内に出るとほぼ10分おきに通過する783系特急の通過音がとても騒々しく感
じられました。時間を急ぐ特急の旅には似合わない駅舎です。(puyan)

 駅員さんが乗降客一人一人と会話をしているのにびっくり、みんな知り合いなのでしょう
か?旧駅舎の頃の機銃掃射の後がちゃんと保存されていて安心しました。(misakitty)
 旧駅舎は熊本県を代表する木造駅舎でした。長洲・玉名の両特急停車駅に挟まれ
ながら静けさを保つ落ち着いた雰囲気の駅でした。
丸ポストもありますが・・・

 郵便局の改築とともに新設または移設されたもので、
昔からこの場所にあったわけではないようです。
構内の様子

駅舎を横からみたところ。こちらのほうが古さが出ている
ような気がします(写真上)。
跨線橋から見た玉名方構内(写真下)。
jrq-onoshimo1
jrq-onoshimo3
jrq-onoshimo4
jrq-onoshimo5
jrq-onoshimo6
jrq-onoshimo7
jrq-onoshimo8
jrq-onoshimo9
駅内の様子

終戦前に爆撃にあったようですが、私にはその痕跡を見つけることは
できませんでした。
(C)Puyan,misakitty
home駅舎の旅menu熊本県JR路線図大野下駅
home駅舎の旅menu熊本県JR路線図大野下駅
大野下駅は昭和3年開業です。木造駅舎がありましたが平成22年に改築されました。
駅前

前管理人が撮影した旧駅舎写真を見ると駅舎を出ると見
下ろすように感じた駅前ですが、改築によってフラットに
なったような気がするのは気のせいでしょうか。
待合室

ちゃんとドアがついた待合室がありました。ベンチは畳敷で
いい感じです。
出札・改札

簡易委託駅です。現在はSUGOCAが使用可能です。
旧駅舎の様子が分かります。

戦争末期に旧駅舎が機銃掃射を受けた跡が保存され
ています。
駅舎正面

 ほとんど手を加えられてない駅舎でした。どこでも
登場する赤い自動販売機が邪魔でした。