左右の駅名をクリックすると隣の駅のページに行けます
home駅舎の旅menu鹿児島県JR路線図谷山駅

平成15年3月14日訪問(旧駅舎)
平成28年3月26日訪問(新駅舎)

 谷山駅は昭和5年開業です。鹿児島市内の指宿枕崎線の駅では、一番大きな駅です。
 平成28年に駅周辺が高架化され高架駅舎に生まれ変わりました。写真は、高架駅舎開業
当日の撮影です。


駅前

駅前広場は整備途中となっていました。
駅入口

高架下には駅業務部分があるだけで商業施設はありません。
出札

委託の有人駅でみどりの窓口も設置されています。

改札

フラッパーゲート付きの開閉タイプの自動改札機。実は、この
タイプの自動改札機が設置されているのは、ここが日本最南
端です。
構内(枕崎方)

ホームは島式の1面2線です。
構内(鹿児島中央方)

線路の向こうには噴煙を上げる桜島が見えます。
発車標

2色、2段、上下線別の発車標が設置されています。ローカル
線のイメージがある指宿枕崎線ですが、鹿児島市内の区間
は通勤路線で運行本数も多いです。
ホームの床

天井のほか床にも木材が使用されています。
仮駅舎

高架工事中使用されていた
駅舎。地方線の仮設駅舎にし
ては立派でした。
旧駅舎

木造のリニューアル駅舎で横長
の大きな駅舎でした。
駅出入口

正面ファザードの造りがいかにもJR九州の駅というデザイン
でした。
駅内部

キヨスクがありました。それもビッグと付いていました。
旧構内

現在より構内は広かったです。桜島が見えるのは昔も今も
変わりません。


訪問後記

 鹿児島市内の駅の中でもとても利用者が多い駅で、鹿児島本線以上ににぎわっている区間でした。
 新駅舎は全屋根構造になっていて雪がほとんど降らない九州には珍しい構造となっています。
 雪は降りませんが、桜島の灰は降るのでそのための構造なのかもしれません。そのおかげで
ホームの床に木材が敷き詰められたような気がします。



home駅舎の旅menu鹿児島県JR路線図谷山駅








(C) misakitty