平成19年5月13日訪問
 呉服町駅は昭和57年開業です。第2次開業の際の終着駅でした。中洲川端から分岐する
箱崎線の駅ですが、コース上では天神方面と直線となっていて、空港線のメインルート明治
通りの直下にある駅です。
駅前(地表)の様子

地上はコース上の明治通りとJR博多駅に向かう大博通りのクロス地点にあります。
自動改札機

こちらも無人でした。
自動券売機

利用客があまりいない駅なのか、撮影中の利用客は誰もいませんでした。
エレベータへの通路

コンコースから死角となる位置にエレベータがあるためか、保安ミラー
が角に設置されています。
home駅舎の旅menu(JR以外の路線)福岡市交通局>箱崎線>呉服町駅


←前の掲載駅は空港線天神駅です
福岡市交通局箱崎線呉服町駅
構内

島式ホームです。床のタイルがワインレッドになっているため
落ち着いた雰囲気のホームになっています。
訪問後記

   中洲川端駅から博多駅に向かい空港線は直角にカーブしているのに対し、
呉服町への箱崎線は直線となっています。
 旧博多地区の問屋街や町割りが残る歴史のある区域に駅はあります。




home駅舎の旅menu(JR以外の路線)福岡市交通局>箱崎線>呉服町駅





(C) misakitty

のんびり各駅停車のブログ

えきめぐり
次の掲載駅は馬出九大病院前駅です→