home駅舎の旅menu(JR以外の路線>天竜浜名湖鉄道>金指駅


平成26年7月14日訪問

 金指駅は昭和13年開業です。モルタルの駅舎と増築された2階建ての建物が同居してい
ます。


駅前

駅前通りは狭くなっています。
出札

有人駅です。駅内は木造駅舎の風情がとてもよく残って
います。
ベンチ

ベンチは国鉄当時のままのようです。
構内の遺構

手前は和風の新しいトイレ、その奥に給水塔や国鉄当時の
施設が残ります。
構内(新所原方)

ホームには古い上屋が残っています。
構内(掛川方)

島式1面2線のほか、側線も残っていて以前は広い構内が
あったことを物語っています。


訪問後記

広い構内や給水塔が残り、かつてこの駅がにぎわっていたことを物語る光景が残っていました。
貨物の専用線も分岐していたそうです。
駅舎に付属する施設は、現在は使用されていないようでした。





home駅舎の旅menu(JR以外の路線)>天竜浜名湖鉄道>天竜浜名湖線>金指駅



(C) misakitty
左右の駅名をクリックすると隣の駅のページに行けます