home駅舎の旅menu(JR以外の路線)>流鉄>流山線>流山駅


平成26年8月7日訪問

 流山駅は大正5年開業です。
 関東の駅100選にも選ばれている木造駅舎です。全景を映さなかったのが
残念です。
 『流山』と言う地名は、赤城山(群馬)の一部が流れてきたという衝撃的な伝
説に由来します。市内にはその土砂によってできたとされる『赤城山』があります
(平和台駅から徒歩10分)

車両基地を駅付近の路上から

『あかぎ』と『流星』が止まっていました。
車止め

2線あって片方は車止めで止められもう1線は車
庫とつながります。
側線と『若葉』

車両基地というか側線に朝走っていた『若葉』が
休んでいました。
ホームと『なの花』

西武時代の面影が引き立てられる彩色で西武
沿線民としては嬉しい限りです。沿線の小川には
菜の花がいっぱい生えているので素晴らしいカ
ラーリングと個人的には思っています。
新撰組離別の地(ここから4枚)

ここで新撰組の土方歳三と近藤勇が別れ、二
度と会うことはありませんでした。現在は石碑
が立ち、蔵が建っています。歴史ファンに有名
な土地となっています。

金子市之丞墓所(ここから2枚)

流山の醤油醸造家の息子だった金子市之丞なる
泥棒の墓所です。江戸で地味に盗みを働いたと言
われていますが、あまり有名ではないので新撰組
を見に来た人たちにほぼスルーされています。





home駅舎の旅menu(JR以外の路線)>流鉄>流山線>流山駅




このページの写真提供はMitaka Shinkawaさまです。
(C) misakitty
オフィシャルブログ

駅舎が大好き!misakitty

左右の駅名をクリックすると隣の駅のページに行けます。