home駅舎の旅menu(JR以外の路線>天竜浜名湖鉄道>天竜二俣駅


平成26年7月14日訪問

 天竜二俣駅は昭和15年開業です。開業当時の大きな木造駅舎が残る駅で、運行上の
拠点となる駅です。


駅前

路線の中心となる駅ですが、天竜区自体の中心地は隣の
二俣本町が最寄り駅となっています。
出札

直営駅で有人駅です。記念入場券も発売していて、当駅にある
施設を見学できる特典付きとなっています。
改札

改札を抜けると古い駅名標が目に入ります。改札ホーム側
では記念撮影も可能です。
構内(新所原方)

運行の拠点らしく構内は広く2面3線で、列車の多くは当駅
で運行が分離されています。
構内(掛川方)

奥に扇形車庫が見えます。
運転区の施設内

見学特典付きの入場券を買って構内を見学しました。
国鉄当時は多くの職員がここを行きかっていたのでしょう、
背後には給水塔が見えます。
大浴場

蒸気機関車の煤で真っ黒になった体を洗うため、機関区など
がある駅には必ずこんなお風呂がありました。
給水塔

ツタが絡まる給水塔を見られる駅は少なくなりました。
資料館

国鉄当時の備品や古い駅名標などが展示されています。
扇形車庫

収容台数は少なめですが、そのおかげで天竜浜名湖鉄道の
車両を格納するにはちょうど良いサイズになっています。
車庫内の車両

左の方はガイドさんで、施設の説明をしてくださいました。
転車台

こんな間近で現役の転車台を見ることができます。
見学のメイン

転車台に車両を乗せて1回転してくれます。


訪問後記

平日の訪問だったこともあって鉄道施設の見学者は私一人でした。私だけのために動かしていただ
いた転車台。とっても満足しました。





home駅舎の旅menu(JR以外の路線)>天竜浜名湖鉄道>天竜浜名湖線>天竜二俣駅



(C) misakitty