home駅舎の旅menu(JR以外の路線)>叡山電鉄>叡山本線>八瀬比叡山口駅



平成24年5月14日訪問

 宝ヶ池駅は大正14年開業です。叡山本線の終着駅で比叡山へのアクセス駅、
そしてかつては八瀬遊園があり観光客でにぎわった駅らしく立派な木造駅舎が
残っています。


駅前

降車客はここから叡山ケーブルや大原行きのバスに乗換え
ていきます。
高野川

駅前には高野川が流れ静かな京都を楽しむことができます。
出札・改札

無人駅で自動券売機と自動改札機が設置されています。
構内末端部

頭端式の3面2線の構内です。
構内分岐部分

複線でクロス式の分岐となっていますが、左側の
レールはあまり使われていないようです。
構内

大きな屋根に覆われたホームは観光地でにぎわった時代
を思い起こさせます。


訪問後記

かつては観光客でにぎわって駅も、現在は乗り継ぎ客がメインの静かな駅になっていました。
列車が到着してしばらくすると、駅には静寂が漂っていました。





home駅舎の旅menu(JR以外の路線)>叡山電鉄>叡山本線>八瀬比叡山口駅




(C) misakitty

←前の掲載駅は宝ヶ池駅です