智頭急行 智頭線 上郡〜智頭
上郡 平成23年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ

JR山陽本線は乗換です
智頭急行専用ホームは、各駅停車のみが使用します。
 智頭急行智頭線は山陽と山陰を結ぶ都市間輸送路線として平成6年に開業しました。単線非電化ながら、最高速度130km/h運転が可能(設計上は160km/hまで可能)となっています。
 第3セクター路線としては、新潟県の北越急行ほくほく線とともに黒字経営で、北越急行のように北陸新幹線の開業後の収支悪化の懸念も今のところありません。


←HOT7000系特急「スーパーはくと」(智頭駅)

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>智頭急行>智頭線

佐用 平成23年11月撮影

JR姫新線は乗換です
JR姫新線とのクロス駅。姫新線がくねくねルートになっているせいで、例えば姫路方面に向かう際の進行方向がJRと智頭急行で逆になっているのが戸惑います。
大原 平成14年9月撮影

駅舎の様子はこちらへ
智頭線の車両基地がある駅です。
智頭 平成20年8月撮影

駅舎の様子はこちらへ

JR因美線は乗換です
JR直通列車は全てJRホームを使用しますが、智頭線内のみ運行する普通列車は専用の島式ホームがあります。
home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>智頭急行>智頭線
苔縄 平成23年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅舎はありますが、無人駅で自動券売機もありません。構内は高架の棒線駅です。
河野原円心 平成23年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ
「こうのはらえんしん」と読みます。計画当時は河野原駅でしたが、武将の名前を付けて現在の駅名で開業しました。
平福 平成25年1月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
豪農屋敷みたいな立派な駅舎がありますが各停だけの停車駅です。
久崎 平成23年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅舎はありませんが交換設備はある相対式2面2線の高架駅です。
西粟倉 平成25年1月撮影*
隣のあわくら温泉駅と当駅は村にある駅です。
宮本武蔵 平成25年1月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
ここから岡山県。宮本武蔵も生誕地と伝えられていることからこの駅名になりました。ここ以外にも岡山県は人名がついた駅、吉備真備駅があります。
石井
恋山形 平成25年1月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
山の中の何もない駅でしたが、現在は駅全体がピンクに染められ、駅名標もハートマークに変更されたかわいい駅に生まれ変わっています。
山郷
あわくら温泉 平成25年1月撮影*
駅名になっている「あわくら温泉」は駅を下車してすぐのところにあります。
(C) 八丁堀,misakitty
*→写真提供は八丁堀さまです