JR九州 指宿枕崎線 (鹿児島中央〜枕崎)
鹿児島中央 九州新幹線、鹿児島本線は乗換です
郡元 jrq-korimoto 平成15年1月撮影

駅舎の様子はこちらへ
住宅街にある1面1線の小さな駅です。
赤い矢印もないモノクロの駅名標です。
南鹿児島 jrq-minamikagoshima 平成15年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
市電の南鹿児島駅前電停に隣接していて、駅前の道に出るためには、市電専用線の踏切を渡らなければなりません。
宇宿 jrq-ibusukimakurazakiline-usuki 平成15年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ
訪問当時は鉄橋の付け替え工事中で配線が変更となって仮駅で営業していました。元々ホーム屋根だけの駅舎なので本・仮駅とも同じような造りです。
谷山 jrq-taniyama 平成15年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ
行灯式の駅名標もありますが、JRタイプながら木造のそれもフシのある柱の古そうな駅名標をアップしました。
慈眼寺 jrq-jigenji 平成15年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ
昭和63年に開業した指宿枕崎線で一番新しいJR駅で、高架工事の計画があります。
坂之上 jrq-sakanoue 平成15年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ
1面1線の狭い駅、駅前も狭いです。しかし、鹿児島市内では、西鹿児島駅の次に乗降客が多い駅です。
五位野 jrq-goino 平成15年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ
指宿に向かう国道脇の小さい駅ですが、区間運転列車の発着駅となっています。
中名 jrq-nakamyo 平成15年5月撮影


駅舎の様子はこちらへ
木製の柱に、板だけ新しく取り付けた国鉄型の駅名標。地表型のJRタイプもあります。
瀬々串 jrq-sesekushi 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
平成16年11月まではここから鹿児島市を抜けて揖宿郡喜入町でした。
車窓も錦江湾沿いを走るコースと変わります。
平川 jrq-hirakawa 平成15年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
住宅街で駅舎は指宿方を向いて建っています。
放し飼いとコアラで有名な平川動物公園は、ここではなく隣の五位野駅が最寄り駅となっています。
生見 jrq-nukumi 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
指宿枕崎線の沿線でこのあたりから見える錦江湾が最も綺麗です。生見駅駅舎は昭和9年建築の木造モルタル駅舎です。
前之浜 jrq-maenohama 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
ドームのような駅舎があります。構内は、対面式のホームで交換可能です。
喜入 jrq-kiire 平成15年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
石油の備蓄基地がある街で、錦江湾の埋立地に巨大なタンクがそびえているのが車内からも見えます。駅舎は、木造の改造駅舎です。
宮ヶ浜 jrq-miyagahama 平成15年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅名標に「日本一海に近い駅」とありますが、線路脇の海岸は埋め立てられてしまって、海岸は遠くなってしまいました。とても残念でした。
薩摩今和泉 jrq-satsumaimaizumi 平成15年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
後ろのキハ200系は、筑豊篠栗部から転属になったばかりで、塗装も赤色のままでした。
山川 jrq-yamakawa 平成15年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
有人駅では日本最南端の駅。かつて時刻表の表紙を飾ったこともあります。ここから枕崎までは運行本数が少なく、南国のローカル線の雰囲気です。
二月田 jrq-nigatsuden 平成15年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
指宿市の中心地のはずれにありますが、市役所には最寄り駅となっていて、乗降客も多いようです。
西大山 jrq-nishioyama 平成15年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
日本本土最南端の駅。駅の回りには何もない無人駅です。最南端の表示がある駅名標をアップしました。
大山 jrq-oyama 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
指宿枕崎線は山川を過ぎると運行本数も少なく駅舎もない駅が増えます。ここ大山駅もそんな駅です。いたずらされた駅名標はショックでした。
東開聞 jrq-higshikaimon 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
小さな山の付け根にある駅です。その山が邪魔をして開聞岳は駅からは見えません。ホーム待合室と自転車置場があるだけで駅舎はありません。
薩摩川尻 jrq-satsumakawashiri 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
開聞岳がとても近くに見える駅です。西大山駅同様、畑の中にぽつんとある駅です。
入野 jrq-irino 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
国道から丘を登った畑の脇にある駅。駅前の道を右に行くとそのまま民家の玄関に突き当たってしまいびっくりしました。
開聞 jrq-kaimon 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
「開聞」と名前が付き、登山口にも一番近いのですが、ここも駅構内から開聞岳は見えません。以前は駅舎もあり交換設備もありました。
御領 jrq-goryo 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅の半分は山影に隠れています。駅入口に花壇がありとても花が綺麗な駅です。
西頴娃 jrq-nishiei 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
指宿枕崎線の山川〜枕崎間で唯一駅
舎がある駅で、交換も可能な駅です。
頴娃 jrq-ei 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
知覧町と並んで鹿児島では有名なお茶の産地です。駅名標イラストもお茶の葉っぱです。
頴娃大川 jrq-eiokawa 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
ホームに立つと深い山あいに居るような錯覚にとらわれるほど駅だけ山に挟まれた静かな場所にあります。あまり綺麗ではない駅名標です。
水成川 jrq-mizunarikawa 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅名イラストはエビ。文字の鮮明なJR型駅名標もありますが、そちらにはイラストはありません。
石垣 jrq-ishikaki 2003年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
国道の標識は「いしがき」になっていますが駅名読みは「いしかき」です。ここもお茶が特産品らしく、駅名イラストは茶摘みでした。
指宿 jrq-ibusuki 平成15年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
砂蒸し温泉で有名な指宿温泉があります。
sub1-ibusukimakurazakiline-top-photo  昭和38年全線開通の非電化単線の路線です。末端部に向かうほど、ローカル色が濃くなる路線で、途中、日本最南端の鉄道駅である西大山駅があります。
 



←キハ200系快速なのはな(山川駅)
白沢 jrq-shirasawa 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
鹿児島地区ではたまに見かける矢印のないモノクロの駅名標です。ここも駅舎はありません。
薩摩塩屋 jrq-satsumashioya 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
1面1線の駅ですが、以前は島式2線だったのか、将来交換可能駅にする予定だったのか、ホーム屋根は両屋根、構内配線も分岐用のカーブがあります。
松ヶ浦 jrq-matsugaura 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
指宿枕崎線の中では珍しく綺麗な駅名標です。
枕崎 jrq-makurazaki 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
平成18年に旧鹿児島交通所有の駅舎が解体され、現在は駅舎もない1面1線の小さな駅になってしまいましたが、灯台のモニュメントがある駅前は現在も健在です。
薩摩板敷 jrq-satsumaitashiki 平成15年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
白沢駅と同じモノクロ駅名標ですが、フォントなどが若干違います。ここは、近くに県立水産高校があるので朝夕は学生の利用が多い駅です
 

home駅名標の旅menu(JR路線)JR九州menu指宿枕崎線

home駅名標の旅menu(JR路線)JR九州menu指宿枕崎線