JR東海 中央本線3 (定光寺〜名古屋)
 愛知県内の中央本線は明治33年に全線開業しました。昭和41年には電化され、全線複線電化となっています。名古屋都市圏の大動脈の一つです。
 平成元年に金山駅に東海道本線の駅も開設されたことから、線路は別々ですが、金山〜名古屋間は、東海道本線と重複する路線となっています。


定期運行だったころの383系夜行急行「ちくま」(写真は篠ノ井線松本駅)
神領 平成15年2月撮影
 電車区のある駅で有名な駅。当日は、381系国鉄色のリニューアル「しなの」が見られました。
定光寺 平成16年7月撮影

中央本線(多治見方面)はこちらから
 山の中の静かな駅ですが、この先、高蔵寺にかけて、車窓は一気に大都市近郊の風景に変貌します。
高蔵寺 平成16年7月撮影

愛知環状鉄道は乗換です
 名古屋都市圏の区間運転列車の始発駅。広い構内をもっています。
春日井 平成16年7月撮影
 このあたりまでくると、近郊というより名古屋市内といった印象も受ける賑やかさです。
勝川 平成26年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東海交通事業城北線は乗換です
 城北線は仮駅の営業で乗換に10分くらいかかります。
新守山 平成17年3月撮影
 JR東海カラーの車両とオレンジのラインが綺麗に並んだ1枚。
大曽根 平成16年7月撮影

名古屋鉄道瀬戸線、名古屋市交通局名城線、名古屋ガイドウェイバスガイドウェイ志段味線は乗換です
 名古屋市内に入ると、たいていの駅は名鉄か地下鉄に接続していて、移動に便利です。
金山 平成16年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東海道本線名古屋鉄道名古屋本線名古屋市交通局名城線は乗換です
 中央本線専用の駅名標。名古屋との間に「尾頭橋」の表示はありません。
名古屋 平成14年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東海道新幹線東海道本線関西本線、名古屋市交通局東山線桜通線、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線は乗換です
名古屋駅の駅名標はきちんと行き先別です
千種 平成14年11月撮影

名古屋市交通局東山線は乗換です
終電間近なので人もまばらでした。
長野行の急行ちくまを待つ間の写真です。
鶴舞 平成16年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

名古屋市交通局鶴舞線は乗換です
 対面式ホームを持つ高架駅。ホームも広くゆとりがあります。

home駅名標の旅(JR路線)menuJR東海menu中央本線3(JR東海・愛知県)

home駅名標の旅(JR路線)menuJR東海menu中央本線3(JR東海・愛知県)
 
iconicon まるごと名古屋の電車 ぶらり沿線の旅 JR・近鉄ほか編icon HMV ONLINE