JR九州 佐世保線 (肥前山口〜佐世保)
肥前山口 長崎本線は乗換です

駅舎の様子はこちらへ
大町 平成16年1月撮影

駅舎の様子はこちらへ
片流れ屋根を持つ駅舎。駅舎内天井も同様の形式になっています。
北方 jrq-kitagata 平成14年12月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅舎内に宅配便の営業所がある駅です。
高橋 jrq-takahashi 平成15年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
通過中の特急「みどり」車内から撮影。単線のせいか、行き違い駅の構内は減速してくれるので助かりました。
武雄温泉 平成16年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 高架工事中で、駅舎は、仮設の橋上駅舎となっています。
永尾 jrq-nagao 平成14年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
木造駅舎が残っている駅です。とても好きな駅で、当HP最初の駅舎写真掲載駅です。
三間坂 平成16年6月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 永尾駅とともに木造駅舎が残る駅です。駅舎外壁の国鉄黒板型駅名標です。
上有田 jrq-kamiarita 平成14年12月撮影

駅舎の様子はこちらへ
明治30年建築の駅舎壁面に取り付けられたものをアップしてみました。ホームにはJRタイプがあります。
早岐 jrq-haiki 平成15年1月撮影

駅舎の様子はこちらへ

大村線は乗換です
特急「みどり・ハウステンボス」の分割・併合が行われる駅です。「みどり」の走る佐世保線はここで方向転換をします。
三河内 平成15年12月撮影

駅舎の様子はこちらへ
長崎県に入って最初の駅ですが、既に佐世保市内の駅。隣の佐賀県有田町と同様に窯業が盛んな地区です。
有田 jrq-arita 平成14年12月撮影

駅舎の様子はこちらへ

松浦鉄道は乗換です
有田焼で有名な町です。手前の上有田駅からここ有田駅付近まで、佐世保線に平行する道路脇には、陶器店がずらりと並んでいます。
佐世保 jrq-sasebo 平成15年1月撮影

松浦鉄道は乗換です

駅舎の様子はこちらへ
鉄道の終点ではないのですが、松浦線が第3セクターに転換したためJRとしては終点で日本最西端の駅となりました。駅舎はできたばかりで新しい高架駅で1・2番ホームは、中央が吹き抜けで分断されて(線路は繋がっています)左右をJRと松浦鉄道が別々に使用しています。
日宇 平成15年12月撮影

駅舎の様子はこちらへ
築堤上のホームから地下道を通って降りると駅舎は、ホームにある屋根だけの待合室と同じような造りとなっています。
大塔 平成15年12月撮影

駅舎の様子はこちらへ
高速道路の高架橋と大型ショッピングセンターが真横にありとても賑やかな駅前です。
sub1-saseboline-top-photo  明治31年全線開業で、開業当初は、佐世保〜早岐が佐世保線、早岐〜肥前山口までは、現大村線とともに長崎本線の一部でした。長崎本線の有明海沿いルートが昭和9年に開通し、現在の線名になりました。肥前山口駅での分岐が、佐世保線は直進、長崎本線がカーブを描いていることや、佐世保から肥前山口に向かうには早岐駅で方向転換する必要があることがこの名残と思われます。
 途中、有田や武雄温泉などの観光地を抱えています。

←783系特急みどり(肥前山口駅)

home駅名標の旅menu(JR路線)JR九州menu佐世保線
 

home駅名標の旅menu(JR路線)JR九州menu佐世保線