JR東海 東海道新幹線 (東京〜新大阪)
東京 平成15年2月撮影
駅舎の様子はこちらへ
東北新幹線東海道本線中央本線山手線京浜東北線京葉線総武快速・横須賀線上野東京ライン、東京地下鉄丸の内線は乗換です
右側にいつか「うえの」の文字が表示されればいいのになあと思ってしまいました。
 東海道新幹線は昭和39年、東京オリンピック開催の10日前に開業しました。開業当初は、東京〜新大阪を約4時間で結んでいましたが、現在は、最速の「のぞみ」が2時間30分で結んでいます。
 平成15年10月ダイヤ改正で、品川駅の開業、全車270q運転に対応し、新たな時代を迎えました。


←旧700系のぞみロゴ

品川 JR東海 東海道新幹線 品川駅 駅名標 平成21年11月撮影*

東海道本線山手線京浜東北線総武快速・横須賀線、、上野東京ライン京浜急行電鉄本線は乗換です
平成15年に開業してから、東京のサブターミナルとして利用価値の高い駅。利用者だけでなく運行上も増発が可能となりました。
小田原 平成15年8月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東海道本線小田急電鉄小田原線、伊豆箱根鉄道大雄山線、箱根登山鉄道鉄道線は乗換です
 首都圏鉄道の西の端、駅舎は最近建て替わったばかりです。
新横浜 JR東海 東海道新幹線 新横浜駅 駅名標 平成20年12月撮影*

横浜線、横浜市営地下鉄ブルーラインは乗換です
 私の写真が、品川駅開業前のものだったので八丁堀さん提供の写真に差し替えました。
静岡 平成19年8月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東海道本線は乗換です
 JR東海の駅では、名古屋、東京、新大阪に次いで乗降客の多い駅です。
新富士 JR東海 東海道新幹線 新富士駅 駅名標 平成16年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
東海道新幹線の駅の中では珍しい乗換連絡する鉄道駅も近接する鉄道駅もない駅となっています・
三島 平成19年8月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東海道本線伊豆箱根鉄道駿豆線は乗換です
 新幹線駅ではとても珍しい1面2線の島式ホームの構内があります。
熱海 平成15年8月撮影

東海道本線(東京方面名古屋方面)、伊東線は乗換です
 山陽新幹線の新神戸駅が開業するまでは、崖の途中に新幹線駅をよくつくったなあと感心しました。
三河安城 平成19年8月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東海道本線は乗換です
新幹線・在来線とともに昭和63年に開業した駅ですが、駅舎は駅前広場を挟んで別々に造られています。
豊橋 平成22年5月撮影*

駅舎の様子はこちらへ

東海道本線飯田線名古屋鉄道名古屋本線は乗換です
新幹線構内は2面3線。それに上下通過線2線と単式ホームの反対側に1線増設できる構造になっています。
浜松 平成16年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東海道本線は乗換です
構内を出るとすぐに浜松工場への分岐線があります。
掛川 平成19年8月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東海道本線は乗換です
ホームの端にある地表形駅名標です。
京都 平成17年2月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東海道本線
山陰本線奈良線近畿日本鉄道京都線京都市交通局烏丸線は乗換です
 新幹線ホームから京都駅の偉容がよく見渡せます。計画当初は、古都にふさわしくないなど、何かと話題になった駅舎ですが、革新的な京都の人々の気質を現していている駅舎だと思います。
米原 平成18年2月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東海道本線(京都方面)(名古屋方面)北陸本線近江鉄道本線は乗換です
東海道新幹線開業時からある駅にしては珍しい地表駅です。
岐阜羽島 平成19年8月撮影
関が原付近の雪害に備え、2面4線+2線の広い構内を持っている駅です。
名古屋 平成14年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東海道本線中央本線関西本線、名古屋市交通局東山線桜通線、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線は乗換です
撮影した夜10時ころは、ホームのきしめん屋さんは閉店していて食べられなかったのが残念でした。
新大阪 平成14年9月撮影

山陽新幹線、東海道本線大阪市交通局御堂筋線は乗換です
何となく、JR東海の駅名標がなじまないような気がするんですが・・・よくみるとJR東海のロゴなしの駅名標となっていました。

home駅名標の旅(JR路線)menuJR東海menu東海道新幹線

home駅名標の旅(JR路線)menuJR東海menu東海道新幹線
 
(*→写真提供は八丁堀さまです)