JR西日本 富山港線 (富山〜岩瀬浜)
富山 平成15年7月撮影

北陸本線高山本線は乗換です

駅舎の様子はこちらへ
 駅の北端に富山港線ホームがあります。直流区間の富山港線には交直両用急行型電車が活躍しています。
富山口    
 
下奥井
城川原 平成15年7月撮影
 木造駅舎が残る駅ですが、当日は通過のみでした。 
 大正13年に開業した富山港線は全線富山市内を走る路線です。駅間距離が非常に短く全区間1q前後となっているのは、元々私鉄だった頃の名残かも知れません。同様に、JR北陸本線とは異なり直流電化区間でもあります。
 平成18年に、超低床電車を導入し、市内電車化される予定で、運営もJRを離れ第3セクター路線となる予定です。


←電化区間の富山港線ですが、キハ120系も活躍しています(岩瀬浜駅)
(臨)競輪場前 平成15年7月撮影
名前のとおり、駅前は富山競輪場です。競輪開催日のみ列車が停車します。 
東岩瀬 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 木造駅舎が残る駅。隣の大広田駅までは、400メートルしかありません。
大広田    
 
蓮町    
 
越中中島
岩瀬浜 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅舎は昭和21年建築ですが、それより古そうな雰囲気の木造駅舎です。 
JR西日本MENU
駅名標の旅MENU
MAIN MENU
TOP PAGE