銚子 JR総武本線は乗換です
 銚子電気鉄道線は全線銚子市内を走る単線電化狭軌の鉄道です。開業は大正12年ですが、その前大正2年に銚子〜犬吠間が銚子遊覧鉄道によって開業し、4年で廃止になった廃線跡を利用して、犬吠〜外川間を延伸させた上、再開業したものです。
 車両は、統一したデザインになっているものの、各社からの移籍車両に他社の部品を取り付けるなど、メルティングポットな車両となっています。
 そのため各車両相互の協調運転ができない形式があるため、複数連結時には、各車両に運転士が乗務していることがあります。

←大正11年製造、ドイツ製のデキ3(仲ノ町車庫)
銚子電気鉄道 銚子電気鉄道線 (銚子〜外川)

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)銚子電気鉄道
 
仲ノ町 平成17年3月撮影
車庫もある銚子電気鉄道線のなかで一番賑やかな駅。駅舎は前身の銚子遊覧鉄道時代のものです。
観音 平成17年3月撮影
駅舎は洋風なのに、なぜか駅内のたい焼きやさんのほうが目立つ駅。構内を探しても標準タイプの駅名標を見つけることはできませんでした。
笠上黒生 平成17年3月撮影
背後にはデハ100形が倉庫として置かれていました。
本銚子 平成17年3月撮影
一見するとホーム待合室だけの駅ですが、かつては出札窓口もあったことをうかがわせる構造の駅舎があります。
犬吠 平成17年3月撮影
なかなかにヨーロピアンな駅名標です。
君ヶ浜 平成17年3月撮影
敷地の外みたいなところにある駅名標です。
海鹿島 平成17年3月撮影
駅名の由来になった海鹿島には、以前はアシカが生息していたそうです。関東地方最東端の駅です。
西海鹿島 平成17年3月撮影
昭和45年に開業した銚子電気鉄道線のなかで一番新しい駅です。
外川 平成17年3月撮影
終着駅らしい駅名標。駅舎や駅前の風景も風情があります。

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)銚子電気鉄道