いすみ鉄道 いすみ線 (大原〜上総中野)
大原 JR外房線は乗換です
駅舎はJRと共用ですが、ホームは1面2線の別ホームに売店があります。レールはJRと繋がっているようですが直通列車はありません。JR構内と同様に国鉄型の駅名標があります。
 いすみ鉄道いすみ線は昭和9年に国鉄木原線として現在の区間が開業しました。線名になった木更津と大原を結ぶことはできず、昭和50年代に国鉄の第1次廃止対象路線となりましたが、廃止はされず国鉄民営化の翌年に第3セクターとして再出発しましたが、経営は大変苦しく、現在でも存続の危機は続いています。
 駅名標は、JR東日本タイプのデザインに取り換えられつつありますが、それ入れ以外は、バラエティに富んだデザインがみられる楽しい路線です。

←200形(大多喜駅)

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>いすみ鉄道>いすみ線

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>いすみ鉄道>いすみ線
西大原
国鉄タイプですが、漢字表記はない駅名標。次駅表示は「かずさあずま」のはずですが・・・?
上総東
 一番肝心な当駅表示がよく見えない駅名標。バックがイエローに文字がホワイト?の配色が最初からなら、元々見えにくかったと思います。
国吉
 JR東日本似の新しい駅名標。いすみ鉄道の個性的な駅名標も、これからは、このタイプに変更されていくようです。
新田野
 上総東駅名標よりは文字が見やすい駅名標ですが、カラーの配色がどうよって感じの駅名標です。
城見ヶ丘
平成20年に開業した新駅。さすがに駅名標も新しいです。
上総中川
国鉄タイプですが当駅表記が漢字で、シンプル&しまりのあるデザインの駅名標です。
総元
JR化直後のJR東海の駅名標のようなラインが目を引く駅名標です。
久我原
副駅名の「三育学院大学」が表記された駅名標。いすみ鉄道の駅名命名権第1号になった駅です。
東総元
古いものではなさそうですが、手作り感のある駅名標です。
小谷松
駅名標は新しくなりましたが駅自体は昭和35年に開業した国鉄当時からの駅。棒線駅で1日の乗車客は約10人程度です。
大多喜
国鉄の電照式駅名標に使われていたグレーカラータイプの駅名標によく似たものがありました。交換可能駅でいすみ鉄道の途中駅唯一の有人駅
上総中野 小湊鉄道線は乗換です。
相互乗り入れはしていないものの構内を共有する小湊鉄道の次駅表示がある駅名標です。
西畑
懐かしい国鉄鳥居型の駅名標が使用されている駅です。
このページの写真提供は八丁堀さまです