小湊鐡道 小湊鉄道線 (五井〜上総中野)掲載駅のみ表示
 小湊鉄道線は昭和3年に全線開業しました。全線開業当時からすでにSLだけでなくDCによる運行が行われていました。首都圏では数少なくなった非電化単線の鉄道で、国鉄のキハに似たキハ200形や古い駅舎が人気を集めている路線です。

←キハ200形(五井駅)

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>小湊鉄道>小湊鉄道線
五井 JR内房線は乗換です

駅舎の様子はこちらへ


平成22年5月撮影
元々右側にも矢印があったみたいで消された跡があります。
上総中野 平成22年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ

いすみ鉄道いすみ線は乗換です
手作り感いっぱいの駅名標は、どちらかというといすみ鉄道によくありそうなデザインの駅名標です。
home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>小湊鉄道>小湊鉄道線

このページの写真提供は八丁堀さまです
上総村上 平成22年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
付近には市原インターなどがある駅ですが、駅舎は木造でのんびりした雰囲気が残っています。
海士有木 平成22年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
木造駅舎が残る交換可能駅です。
上総山田 平成22年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
木造駅舎が残る2面2線の交換可能駅です。
上総三又 平成24年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
棒線駅ですが交換設備の設置が予定されています。ログハウス風のホーム待合室がある駅です。
上総川間 平成24年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅前からみると駅周辺だけ木々に覆われ、角度によっては駅の存在に気がつかないような駅です。
上総牛久 平成24年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
有人駅で木造駅舎があります。改札口には牛の置物があります。
馬立 平成24年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
木造駅舎が残る交換可能駅です。
光風台 平成24年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
小湊鉄道には珍しい吊り下げ式の駅名標があります。跨線橋やコンクリート駅舎など他の小湊鉄道駅舎にはないものがたくさんある駅です。
里見 平成24年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
木造駅舎があり当駅折返の区間運転列車もありますが、利用者はとても少ない無人駅です。
高滝 平成24年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
相対式のホームがありますが、駅舎側の1面1線だけが使用されています。
上総久保 平成22年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅舎はありませんが駅を守るように伸びる大銀杏がとても印象的な駅です。
上総鶴舞 平成22年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
現在は棒線駅ですが構内をみると以前は2面3線の広い構内があったようです。PVやドラマのロケなどでよく登場する駅です。
上総大久保 平成24年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
ホーム脇にある桜が開花するころはライトアップされます。待合室には小学生が描いたトトロの絵があります。
養老渓谷 平成22年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
小湊鉄道の途中駅では中心的存在。有人駅で足湯があったりグッズも売っています。
飯給 平成24年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
1面1線の棒線駅です。駅舎はなく、ホームにトタン張りの待合室があるだけの駅です。
月崎 平成22年5月撮影

駅舎の様子はこちらへ
国鉄でよくみられた典型的な鳥居型の駅名標があります。