長良川鉄道 越美南線 (美濃太田〜北濃)
 長良川鉄道越美南線は、昭和9年国鉄越美南線として開業した路線です。計画では、福井県側の越美北線と結ぶ越美線として計画されていましたが、全線開業することなく、越美南線部分はJR化前の昭和61年に第3セクター化されました。
 第3セクター化後は、新駅の設置やトロッコ列車の運行などを行いましたが、何回かの災害による運休などにより利用客の減少が続いていて苦しい経営を強いられています。

←ナガラ1形5号(関市駅)

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>長良川鉄道>越美南線
美濃太田 長良川鉄道 越美南線 美濃太田駅 駅名標 平成21年9月撮影
JRと同じ構内を使用して行き来もできるのですが、長良川鉄道の入口は自由通路からとなっています。
前平公園 長良川鉄道 越美南線 前平公園駅 駅名標 平成21年9月撮影
第3セクター化されてすぐに開業した駅。1面1線の棒線駅です。
加茂野 長良川鉄道 越美南線 加茂野駅 駅名標 平成21年9月撮影
国鉄当時は隣の富加駅が加茂野駅という名称でした。両駅とも所在地に合わせて名称が変更されたのかもしれません。
富加 長良川鉄道 越美南線 富加駅 駅名標 平成21年9月撮影
国鉄当時からあった駅で交換も可能な木造駅舎が残る駅です。
長良川鉄道 越美南線 関駅 駅名標 平成21年9月撮影
長良川鉄道の本社屋と社屋もある駅。駅舎は木造で、一時は名鉄美濃町線の関駅も隣接して設置されていました。
刃物会館前
関口
関富岡
美濃市 長良川鉄道 越美南線 美濃市駅 駅名標 平成21年9月撮影
改築はされていますが大きな木造駅舎が残っています。吊り下げ式の駅名標は国鉄当時からあったものなのでしょうか?
松森 長良川鉄道 越美南線 松森駅 駅名標 平成21年9月撮影
平成11年に名鉄美濃町線が廃止された際に代替として開業した駅です。
関下有知
関市役所前
母野
洲原
湯の洞温泉口 長良川鉄道 越美南線 湯の洞温泉口駅 駅名標 平成21年9月撮影
第3セクター化後に開業したような駅名ですが、大正15年に開業した歴史のある駅、国鉄当時を含めて現在の駅名は3代目です。
梅山 長良川鉄道 越美南線 梅山駅 駅名標 平成21年9月撮影
高校が隣接しているため学生の利用が多いのかもしれません。第3セクター化後に開業した駅です。
大矢
みなみ子宝温泉 長良川鉄道 越美南線 みなみ子宝温泉駅 駅名標 平成21年9月撮影
降車証明書をもらうと温泉入浴割引券がもらえる駅(平成22年3月現在)。温泉施設にも列車の接近表示機があります。
八坂 長良川鉄道 越美南線 八坂駅 駅名標 平成21年9月撮影
ホームに「日本まん真ん中の駅」という日本の人口重心の真ん中駅であるという看板がありますが、人口調査のたびに移動しちゃうのではと思ってしまいます。
木尾
万場 長良川鉄道 越美南線 万場駅 駅名標 平成21年9月撮影
狭いホームの棒線駅。第3セクター化後開業したような駅ですが、国鉄当時からある駅です。
郡上大和
徳永 長良川鉄道 越美南線 徳永駅 駅名標 平成21年9月撮影
1面1線の棒線駅ですが、ちゃんと駅舎もある国鉄当時からあった駅です。
山田
自然園前
郡上八幡 長良川鉄道 越美南線 郡上八幡駅 駅名標 平成21年9月撮影

駅舎の様子はこちらへ
元々は古い国鉄電照式の駅名標ではなかったかと思われる駅名標です。
相生 長良川鉄道 越美南線 相生駅 駅名標 平成21年9月撮影
昭和4年開業。右奥に簡素な駅舎がちょっと見えます。
深戸 長良川鉄道 越美南線 深戸駅 駅名標 平成21年9月撮影
木造駅舎が残り、喫茶店が入居しています。交換可能駅だったころは跨線橋もある立派な駅でした。
赤池 長良川鉄道 越美南線 赤池駅 駅名標 平成21年9月撮影
昭和27年に開業した国鉄当時からある駅。国鉄のころは郡上赤池という駅名でした。駅舎もない棒線駅です。
美並苅安 長良川鉄道 越美南線 美並苅安駅 駅名標 平成21年9月撮影
交換設備は撤去されましたが、現在でも古い木造駅舎が残る駅です。
福野
白鳥高原
美濃白鳥
大島
大中
上万場 長良川鉄道 越美南線 上万場駅 駅名標 平成21年9月撮影
静かな田園と山に囲まれた1面1線の棒線駅です。
北濃 長良川鉄道 越美南線 北濃駅 駅名標 平成21年9月撮影

駅舎の様子はこちらへ
福井県のJR越美北線と結ばれることなく、終着駅となってしまった駅です。
白山長滝
このページは八丁堀さまの写真提供
で作成しました。

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>長良川鉄道>越美南線