新宿 平成21年9月撮影

JR中央本線中央総武緩行線山手線京王電鉄京王線、京王新線、東京地下鉄丸ノ内線、都営地下鉄大江戸線は乗換です
地表と地下にホームが分かれています。写真の駅名標は、区間準急と各停停車用の地下ホームのものです。
 小田原線は昭和2年に開業しました。全区間約80qを一括開業、開業の半年後には、既に全線複線となりました。
 昭和30年には当時の国鉄御殿場線と新松田〜松田間に連絡線路を設けて乗り入れを開始しています。現在もJR東海との相互乗り入れを行っています。
 ターミナル駅の新宿駅は、上下構造の構内になっています。

←3500系(柿生駅)*
小田急電鉄 小田原線 新宿〜小田原

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)小田急電鉄小田原線

下北沢 平成14年12月撮影

京王電鉄井の頭線は乗換です
なんとなく国鉄っぽくて好きだった駅名標です。
小田原 平成22年11月撮影

JR東海道新幹線東海道本線、伊豆箱根鉄道大雄山線、箱根登山鉄道鉄道線は乗換です
箱根板橋駅は箱根登山鉄道の駅ですが、小田急レギュラータイプの駅名標になっています。
home駅名標の旅menu(JR以外の路線)小田急電鉄小田原線
参宮橋 平成21年9月撮影
明治神宮の近くにあり、都心にありながら緑に包まれた駅です。
代々木上原 平成21年9月撮影

東京地下鉄千代田線は乗換です
裏側は、相互乗り入れしている千代田線の駅番号が振られている駅名標がありますが、デザインは小田急仕様となっています。
東北沢 平成21年7月撮影
ここから梅ヶ丘までは複々線。本来は代々木上原から複々線となっていましたが地下移設工事の敷地確保のため、2線が撤去となっています。
梅ヶ丘 平成22年3月撮影*
東北沢から梅ヶ丘までは複々線となっています。
登戸 平成22年3月撮影

JR南武線は乗換です
小田急駅舎・構内は改築工事中。ほぼ完成しているようにも見えますが、2面3線の構内には将来の増設に備え1番ホームが欠番になっています。
町田 平成22年3月撮影

JR横浜線は乗換です
写真ではホーム上屋の隙間から空が見えますが、駅構内中央部分は駅ビルの中2階部分に貫いて設置されています。
厚木 平成22年3月撮影

JR相模線は乗換です
2面2線の高架駅。写真の屋根のない部分は、見晴らしがよい代わりに荒天の日はびしょぬれになりそうです。
代々木八幡
世田谷代田
豪徳寺
経堂
千歳船橋
祖師ヶ谷大蔵
成城学園前
和泉多摩川
狛江
喜多見
百合ヶ丘
読売ランド前
生田
向ヶ丘遊園
玉川学園前 平成24年12月撮影*
新宿方は、駅名の由来となった玉川学園の広大な敷地内を線路が通っています。
鶴川 平成24年12月撮影*
東京都町田市の東部にある駅。駅南方を流れる鶴見川を渡ると神奈川県です。
柿生 平成24年12月撮影*
かつては退避可能駅でしたが、現在は相対式の2面2線駅となっています。
新百合ヶ丘 平成24年12月撮影*

多摩線は乗換です
分岐する多摩線が開業した際の接続駅として開業した駅です。
座間 平成24年12月撮影*
2面2線の地表駅、駅舎は橋上です。
相武台前 平成24年12月撮影*
JR相模線の相武台下駅とは約2キロ離れていて乗り換えができるような位置にはありません。
小田急相模原 平成24年12月撮影*
JRに相模原駅があるため先頭に会社名が付いた駅名です。ただ、当駅が開業当初から相模原を名乗りJR(国鉄)の相模原駅があとで開業したのですが、なぜか先輩の当駅が改称されました。
相模大野 平成24年12月撮影*

江ノ島線は乗換です
江ノ島線が接続し同じ相模原市内にある小田急相模原駅よりはるかに乗降客が多い駅です。
海老名 平成24年12月撮影*

JR相模線、相模鉄道本線は乗換です
相鉄の海老名駅と構内は隣接しています。JRとはかなり離れています。
新松田 JR御殿場線は乗換です
渋沢
秦野
東海大学前
鶴巻温泉
伊勢原 平成24年12月撮影*
2面4線の退避可能駅。大山ケーブルへは、当駅からバス乗り継ぎです。
愛甲石田 平成24年12月撮影*
厚木市と伊勢原市にまたがっている駅です。両市それぞれの所属地名がつけられた駅名になっています。
本厚木 平成24年12月撮影*
厚木市の中心地にある駅。隣の厚木駅は厚木市内にないので「偽」厚木駅?
蛍田
富水
栢山
開成
足柄
*→写真提供は八丁堀さまです