大阪高速鉄道 大阪モノレール線 (大阪空港〜門真市)掲載駅のみ表示
大阪空港 平成16年5月撮影
 これまでバス以外の公共交通機関がなかった大阪空港に初めて乗り入れることになりました。時間に正確に空港にたどり着けるのはとても安心感があるかもしれません。 
 大阪モノレール線は、平成2年に千里中央〜南茨木間が最初に開業し、その後、平成9年に大阪空港まで、同年に門真市まで延長開業して現在に至っています。北摂の通勤輸送と、大阪国際空港へのアクセスを担っています。
 21.2qの営業キロは跨座式モノレールとしてはギネスブック公認の世界最長路線となっています。 
 運行は、ほぼ10分間隔で、車体全面が広告となった列車があり、特に梅丹本舗の真っ赤な広告列車は人目を引きます。

←1000系(大阪空港駅)
駅名標の旅MENU
MAIN MENU
TOP PAGE
蛍池 平成16年5月撮影

阪急電鉄宝塚線は乗換です
 阪急宝塚線とのクロス駅。阪急は地表ホーム、こちらは高架ホームになっています。
南茨木 平成16年5月撮影

阪急電鉄京都線は乗換です
 大阪モノレール最初の開業区間の駅ですが、あとの開業区間と構内の造りはほとんど変わらないような気がします。
門真市 平成16年5月撮影

京阪電鉄京阪本線は乗換です
 こちらは、大阪モノレール最後の開業区間の駅。ここから先、延伸される計画はあるのでしょうか。