静岡鉄道 静岡清水線 新静岡〜新清水(掲載駅のみ表示)
トップ写真募集中! 静岡鉄道静岡清水線は、明治41年開業です。大正7年に新清水側の末端区間が廃止され現在の区間となりました。長い間、静岡市と清水市を結ぶ都市間鉄道でしたが、両市の合併によって静岡市内だけを走る路線となりました。全線複線電化され運行頻度も多く、東急系で首都圏に近い私鉄ですが関西私鉄系のPiTaPaを導入しているためICOCAの使用が可能です。

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>静岡鉄道>静岡清水線
新静岡 平成23年8月撮影
構内は2面3線の頭端型で商業施設の1階にある地表駅です。

長沼 平成23年8月撮影
利用者はあまり多くありませんが、車両工場などがある運行上の重要駅のため退避も可能な2面3線駅となっています。
*→写真提供は八丁堀さまです
home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>静岡鉄道>静岡清水線
草薙 平成23年8月撮影
静岡鉄道の途中駅の中では最もJRとの乗り換えが便利な駅です。
御門台 平成23年8月撮影
島式ホーム端の踏切内に駅舎があるとても小さな駅です。
入江岡 平成23年8月撮影
駅周辺は「ちびまる子ちゃん」の舞台となった街です。静岡清水線でもっとも利用者が少ない駅です。
新清水 平成23年8月撮影
3面2線の頭端駅。かつては、旧清水市内を走る路面電車にも接続していました。