富山ライトレール 富山港線 富山駅北〜岩瀬浜
富山駅北 JR北陸新幹線高山本線あいの風とやま鉄道線、富山地方鉄道本線、軌道線富山駅南北接続線は乗換です
トップ写真募集中!  富山ライトレール富山港線はJR西日本富山港線を平成18年にLRT化して開業した路線です。ほとんどの区間は、旧JR路線敷地を利用してLRT化されましたが、富山駅北から奥田中学校前付近の区間は、JR富山駅ではなく駅の北口に停留場を設置したため、経路変更となり併用軌道区間となっています。
 JR当時に比べ運行本数は、約3倍に増え、利用者も当初の予想より上回っているようで地方都市の新しい交通機関として活躍しています。

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>富山ライトレール>富山港線

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>富山ライトレール>富山港線
インテック本社前
下奥井
LRT化されて駅舎は取り壊されましたが、廃止されていた交換設備は復活しました。
奥田中学校前
 併用軌道と鉄道線路の分岐点付近にある駅。分岐部分には0キロポストがあります。
蓮町
 国鉄・JR当時の駅舎は解体され踏切を挟んで上下線のホームだけがある路面電車専用線の停留場のような構造になりました。
犬島新町
 JRからの転換後に開設された新駅です。以前分岐していた貨物線跡などを利用して駅が設置されました。
東岩瀬
 JR当時の駅舎が改造は加えられながらも観光ボランティアのための施設として使用されている駅です。
競輪場前
JR当時は臨時駅でしたが現在は常設駅となっています。2面1線駅で線路の両側に上下線のホームがあります。
越中中島
 国鉄・JR駅らしい国名の付いた駅名がそのまま使われています。JR当時の駅舎は解体されホームになっています。
粟島
 副駅名の地元スーパー「大阪屋ショップ」がロゴになっている珍しいタイプの駅名標。
大広田
 JR当時は1面1線駅でしたが交換設備ができました。ただJRの駅は敷地に余裕がなかったため移転して開業しました。
城川原
 JRからの転換前は富山港線唯一の交換可能駅でした。比較的敷地に余裕があり、車両基地も併設されています。
岩瀬浜
 今でもJR当時の末端駅の趣きを残す駅です。JR当時と変わらず1面1線駅ですが、信号設備が追加されたため、1線で2編成が進入できるようになりました。
このページの写真提供は八丁堀さまです