津軽鉄道 津軽鉄道線 津軽五所川原〜津軽中里
津軽五所川原 平成14年9月撮影

JR五能線は乗換です

駅舎の様子はこちらへ
 JRと隣接し、跨線橋も共用ですが、駅舎と改札口は別にあります。

 津軽鉄道は、昭和5年に津軽五所川原〜金木間が、昭和11年に金木〜津軽中里間が開通し全通しました。
 現在に至るまで、非電化路線で沿線は津軽の原風景を残す光景が広がり、とても印象に残る路線です。
 冬のストーブ列車は有名ですが、夏には風鈴列車、初秋には鈴虫列車がもあります。

←津鉄21系(津軽五所川原駅)
金木 平成14年9月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 作家太宰治の生家がある町で、平成17年3月に五所川原市と合併しました。ホームから見上げる岩木山がとてもきれいです。背後の駅舎は、平成15年に解体されてしまいました。
津軽中里 平成23年10月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
津軽中里
元スーパー併設の駅舎。スーパーがなくなってからは物産館が入居しています。

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>津軽鉄道>津軽鉄道線

 
home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>津軽鉄道>津軽鉄道線
十川
五農校前
毘沙門
津軽飯詰 平成23年10月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
交換設備の廃止、無人駅化となりましたが、木造駅舎は現在も残っています。
大沢内 平成23年10月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
駅舎はありますが無人駅です。交換設備もなくなりました。
川倉 平成23年10月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
冬は地吹雪で飛ばされそうな待合室です。
芦野公園 平成23年10月撮影*
春は桜が綺麗な駅。駅名標のフォントが習字みたいでかわいい駅。
嘉瀬 平成23年10月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
平成16年に無人駅化されました。現在も駅舎は残っています。
深郷田 平成23年10月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
ホームに、待合室だけの棒線駅です。昭和時代にいったん廃止されたえきです。
(*→写真提供は八丁堀さまです)