新木場 平成16年11月撮影

JR京葉線、東京地下鉄有楽町線は乗換です
JR京葉線と蘇我方で乗り入れできるようになっていますが、現在のところ相互乗り入れは行われていません。最初に開業した東京地下鉄の管理駅です。
 りんかい線は、東京湾岸を地下で連絡する、平成14年全線開業した路線です。平成8年の部分開業当時は、「臨海副都心線」という名称でしたが、一般公募により平成12年に現在の路線名に変更されました。
 新木場駅では京葉線と乗り入れを行っていませんが、大崎駅では、JR埼京線と相互乗り入れを行っています。
 運行車両は自社の70ー000系のほか、JRの205系もたくさん使用されています。

←JR205系りんかい線LED方向幕
東京臨海高速鉄道 りんかい線 新木場〜大崎

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>東京臨海高速鉄道>りんかい線

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>東京臨海高速鉄道>りんかい線
天王洲アイル 平成16年11月撮影

東京モノレール羽田線は乗換です
「アイル」のアルファベット表記は、ローマ字ではなく、「isle」となっています。
大崎 平成22年5月撮影

JR山手線は乗換です
JRとの共同使用駅で駅管理はJRです。
 
東雲 平成22年5月撮影
りんかい線の途中駅では唯一の地表駅。ホームは相対式です。
国際展示場 平成22年5月撮影
東京国際展示場(東京ビッグサイト)への最寄り駅です。駅名標バックがとってもポップな感じ。」
品川シーサイド 平成20年10月撮影
りんかい線のなかでは利用者が少ない駅ですが品川シーサイド地区の開発に伴って利用客は大幅に増加しています。
東京テレポート 平成22年5月撮影
東京テレポートという施設があるわけではなく、かつての台場地区の開発計画名称が駅名として使用されています。
大井町 平成22年5月撮影

JR京浜東北線、東急電鉄大井町線は乗換です
JR・東急と異なり、りんかい線だけは地下に構内があります。その構内も上下線2層建てになっています。