上田電鉄 別所線 上田〜別所温泉
トップ写真募集中!  上田鉄道別所線は大正13年全線開通した路線です。以前は青木線や西丸子線が分岐していましたが、現在は上田電鉄唯一の路線となってしまいました。
 一時は廃止を検討していた時期もありますが、戸袋が楕円形をした珍しいタイプのモハ5250形などが運行していた路線で、現在もそのときのデザインを模した「まるまどりーむ号」が走らせたり、存続キャラクター「北条まどか」のグッズ販売などで増収を図る努力をしています。
 全線単線非電化の狭軌路線で普通列車のみが運行しています。

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>上田電鉄>別所線

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>上田電鉄>別所線
*→写真提供は八丁堀さまです
上田 平成22年9月撮影*

JR長野新幹線しなの鉄道線は乗換です
平成9年の長野新幹線開業の際に、上田電鉄も高架駅舎に生まれ変わりました。1面1線の棒線駅です。
城下 平成22年9月撮影*
千曲川の鉄橋が完成するまでは、当駅が別所温泉方面の起点駅でした。  交換可能駅となっています。
赤坂上 平成22年2月撮影
1面1線の棒線駅で無人駅です。
三好町 平成22年9月撮影*
開業当初は併用軌道区間に駅が設置されていて「三好町」という駅名は手前の城下駅が名乗っていました。
大学前 平成22年9月撮影*
単に「大学前」という駅名となっているのは、特定の大学の前に駅があるわけではなく、駅周辺に複数の大学があるためです。
神畑 平成22年2月撮影
大正10年に開業した古い駅ですが、1面1線の棒線駅で駅舎もありません。
寺下 平成22年9月撮影*
1面1線の棒線駅です。地名のとおり駅の上手にお寺があります。
上田原 平成22年2月撮影
島式1面2線の交換可能駅で以前は車両基地もあった駅でした。現在でも駅舎は残っています。
中野
塩田町 平成22年9月撮影*
寺院などがある有名な観光地ですが駅舎はなく無人駅です。
中塩田 平成22年9月撮影*
古い木造駅舎は、平成21年に補修され大切に使われています。琺瑯タイプの駅名標は古いものではないのかキレイです。
下之郷 平成22年9月撮影*
草花に埋もれるように鳥居型の駅名標がありました。
別所温泉 平成22年9月撮影*
リニューアルはされていますが、古い駅舎が残る駅。終着駅らしい駅名標があります。
八木沢 平成22年9月撮影*
1面1線の棒線駅。小さな駅舎が残っています。
舞田 平成22年9月撮影*
1面1線の棒線駅です。ホームに待合室だけがあります。