野岩鉄道 会津鬼怒川線 新藤原〜会津高原尾瀬口
 野岩鉄道会津鬼怒川線は、日光線と会津線を結ぶ旧国鉄の未成線として工事が凍結されていた区間の一部の工事を再開して昭和61年に開業した路線です。開業当時は、まだ国鉄が残っていましたが、接続路線となったのは国鉄日光線ではなく、計画区間と平行する東武鬼怒川線となり、電化工事を追加したうえで開業しました。経営は、地元自治体や東武鉄道が出資する第3セクター路線となっています。東武鉄道・会津鉄道・JR東日本と直通運転を行い、JR以外では首都圏と東北を直結する唯一の路線となっています。

←6050系(川治湯元)
新藤原
平成23年9月撮影

東武鉄道鬼怒川線は乗換です

 優等列車以外は、東武鉄道と直通運転している列車がほとんどです。ただし野岩鉄道線内はPASMOエリアから外れています。

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>野岩鉄道>会津鬼怒川線

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>野岩鉄道>会津鬼怒川線
龍王峡 平成23年9月撮影
1面1線の棒線駅で、構内の一部はトンネル内にあります。駅名のとおり龍王峡への最寄り駅です。
川治温泉 平成23年9月撮影
交換可能駅で交換可能駅ですが、次の川治湯元駅のほうが温泉街に近く利用者も多くなっています。
湯西川温泉 平成23年9月撮影
ホームはトンネル内にある1面1線の棒線駅です。
川治湯元 平成23年9月撮影
高架の1面1線駅。鬼怒川を渡る鉄橋を渡ったところにある立地条件もあって、川岸から見るとかなり高い位置に駅があります。
会津高原尾瀬口 会津鉄道会津線は乗換です
男鹿高原 平成23年9月撮影
1面1線の構内で駅周辺には何もない駅、いかにも高原の観光地らしい駅名になっていますが、リゾート計画は立ち消えになり、まるで秘境駅状態です。
上三依塩原温泉口 平成23年9月撮影
昭和61年の開業から2回も駅名が改称された駅です。
中三依温泉 平成23年9月撮影
このあたりの駅は、みんな温泉の最寄り駅?島式1面2線ホームのある交換可能駅です。
このページの写真提供は八丁堀さまです