山万 ユーカリが丘線 ユーカリが丘〜公園〜女子大〜
公園〜ユーカリが丘
 山万ユーカリが丘線は、昭和58年開業です。国内では珍しい不動産会社の運営による自社開発のニュータウン内の中央案内軌条式新交通システムです。
 ラケット形状の環状運転を行っており、一方通行の単線ですが、ラケットのシャフトにあたる部分は上下線の列車が運行することになります。
 各駅には自動改札機も設置されていますがPASMO,Suicaは非対応です。
 車両は3編成あり、それぞれこあら1号から3号までの名称がつけられています。

←VONA1000形こあら1号(ユーカリが丘駅)
ユーカリが丘 平成22年4月撮影
ユーカリが丘線では唯一の頭端駅。公園駅と当駅だけが有人駅で1日乗車券も発売しています。

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>山万>ユーカリが丘線

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>山万>ユーカリが丘線
このページの写真提供は八丁堀さまです
地区センター 平成22年4月撮影
一方通行のユーカリが丘線では珍しく上下線の列車が運行しているため駅名標も前後駅表示タイプとなっています。
女子大
公園 平成22年4月撮影
分岐駅で島式ホームがあるので、本線唯一の上下線の列車別に乗り場が分かれている駅です。一方通行区間の駅から逆向きの駅に行きたいときは当駅で乗り換えて行くことができます。
井野 平成22年4月撮影
切通の底に構内があるため、駅名標は法面の壁面に取り付けられています。
中学校
公園