名古屋ガイドウェイバス ガイドウェイ志段味線 (大曽根〜小幡緑地)
掲載駅のみ表示
大曽根 JR中央本線、名古屋鉄道瀬戸線、名古屋市交通局名城線は乗換です
路線唯一の有人駅。高架駅で開業前はバスターミナルだった敷地にバスの駅が設置されました。
トップ写真募集中!  名古屋ガイドウェイバスは、バス路線でありながら、一部区間を高架の専用線を使用し、専用のバスが高架区間をハンドル操作をすることなく車両の前後輪に取り付けた案内装置の誘導で走ります。さらに同一車両で連続して一般道路を走行できるデュアルモードを備えています。
 高架区間は軌道法による路線免許を取得しているので新交通システムの路線の車両だけがバスになっているような路線です。
 運行は地表区間から乗り入れる名古屋市交通局がバスの運行をしています。

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>名古屋ガイドウェイバス>ガイドウェイ志段味線

このページの写真提供は八丁堀さまです
川宮
ガイドウェイバスは複線で駅は相対式2面2線なので駅名標はホームごとに必ず進行方向が固定されたデザインのものが設置されています。
白沢渓谷
白沢川の流域にある城土公園に滝やつり橋があるところがあり、その付近が白沢渓谷と呼ばれていることから付けられた駅名です。
小幡緑地
home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>名古屋ガイドウェイバス>ガイドウェイ志段味線