北陸鉄道 石川線 (鶴来〜加賀一の宮)
鶴来
 北陸鉄道石川線の末端区間であったこの区間は、昭和2年に金名鉄道の路線として開業しました。その後、北陸鉄道の路線となりましたが、金名鉄道だった区間である北陸鉄道金名線は、末端の山間部から廃止され、石川線の一部として残った鶴来から加賀一の宮間も平成21年に廃止されてしまいました。

←東急7000系の中間車を先頭車改造した7200形(中鶴来駅)


 
*:写真提供は八丁堀さまです
加賀一の宮
home駅名標の旅menu(廃止・転換・改称駅)北陸鉄道石川線
home駅名標の旅menu(廃止・転換・改称駅)北陸鉄道石川線
中鶴来 平成21年9月撮影
廃止された区間唯一の中間駅。駅舎はプレハブの簡素なつくりの棒線駅でした。