JR西日本 可部線 (可部〜三段峡)
明治43年に横川〜可部間が最初に軽便鉄道で開業したのち、終点の三段峡まで開通するまで約60年かかりました。三段峡までの開通は昭和44年のことで、その先、島根県浜田市(JR山陰本線下府駅付近から分岐)までの延伸計画もありましたが果たせないまま、可部〜三段峡間は平成15年11月30日をもって廃止になりました。
 また、可部線の建設過程で国鉄の営業距離は2万qを越え、加計〜坪野間にその記念碑がありました。
安芸亀山 jrw-akikameyama 平成15年7月撮影
崖の縁にあるような駅。まだ広島市内なのですが、駅の利用者は少なかったです。長持ちするあじさいの花がまだ綺麗に咲いてました。
今井田 平成15年7月撮影

(写真提供:八丁堀さま)
1面1線の待合室だけがある駅でした。背後は山でまえには太田川が流れる狭いところにありました。
河戸 平成15年7月撮影

(写真提供:八丁堀さま)
廃止後も復活運動があり、わずかながらその可能性もある駅です。ここまでは可部から続く住宅地にある駅でした。
可部 jrw-kabe 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

横川〜可部間はこちらから
矢印が両方を向いていたことは、過去のことになってしまいました。1番ホームは横川方面専用ホームなので、廃止前から片面だけしか矢印はありません。
安野 平成15年7月撮影

(写真提供:八丁堀さま)
一時は猫の駅として有名になった駅。現在は、キハ58が構内に保存される公園になっています。
平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

(写真提供:八丁堀さま) 
国道+太田川と並走している駅。可部線には、こんな駅が多かったように思います。布駅もそんな駅のひとつでした。
安芸飯室 平成15年7月撮影

(写真提供:八丁堀さま)
駅舎をバックに駅名標という、私の大好きなアングル。島式ホームの交換可能駅でした。
毛木 平成15年7月撮影

(写真提供:八丁堀さま)
駅の頭上をまたぐ高速道路が鉄道と自動車の関係を物語る駅でした。1面1線の棒線駅でした。 
香草 JR西日本可部線香草駅駅名標 平成15年7月撮影

(写真提供:八丁堀さま)
 このあたりの車窓から見える太田川は、ゆったり流れていて、とてもきれいでした。駅の名前のとおり、太田川の川岸の草木の香りが車内にも香りそうでした。
田之尻 JR西日本可部線田之尻駅駅名標 平成15年7月撮影

(写真提供:八丁堀さま) 
 背後の民家を見て西中国地方の駅だとわかる方もいらっしゃるかもしれません。この地方特産の石州(島根県西部)瓦が特徴のある地方です。 
坪野 JR西日本可部線坪野駅駅名標 平成15年7月撮影

(写真提供:八丁堀さま)
 1面1線の無人駅でしたが、駅名標下に見えるプランターが地元から大切にされていた路線であることを象徴するような感があります。
戸河内 JR西日本 可部線 戸河内駅 駅名標 平成15年7月撮影

(写真提供:八丁堀さま)
 バックをご覧になるとわかるとおり、この付近はゲレンデがたくさんあります。
 しかし、JRでくるスキー・スノボ客は、ほとんどいませんでした。
土居 JR西日本 可部線 土居駅 駅名標 平成15年7月撮影

(写真提供:八丁堀さま) 
 高い築堤の上に駅はありました。ホームに待合室があるだけの駅でした。
筒賀 JR西日本 可部線 筒賀駅 駅名標 平成15年7月撮影

(写真提供:八丁堀さま) 
 築堤の下に駅舎があり委託の駅員さんがいました。写真で見ると交換可能駅に見えますが、島式ホームの反対側は使用されていませんでした。 
上殿 JR西日本 可部線 上殿駅 駅名標 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

(写真提供:八丁堀さま) 
 ここからしばらくは太田川を離れて迂回したルートになっていました。
小河内 jrw-ogauchi 平成15年7月撮影
広島市内最後の駅。構内には使われなくなったホームが残っていました。駅舎は大きめのコンクリート駅舎がありました。
水内 jrw-minochi 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
「みのち」と読みます。佐伯郡湯来町唯一のJR駅ですが、町の東端をかすめているだけです。
津浪 jrw-tsunami 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
太田川と国道191号線に挟まれた場所にあり可部方には中国自動車道が上空を横断していました。
木坂 平成15年7月撮影
高い築堤上にある駅。下の道路からは長い階段を昇ってホームにあがるようになっていました。
加計 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
廃止になった可部〜三段峡の間では一番大きな駅。駅名標も行灯式のものがありました。
殿賀 JR西日本 可部線 殿賀駅 駅名標 平成15年7月撮影
近くに病院があるためお年寄りの乗降客が結構あります。廃止後のアクセスが確保されているか心配なところです。
三段峡 JR西日本 可部線 三段峡駅 駅名標 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
訪問当日は、終着駅の姿が見られるのもあとわずかとなったせいか鉄道ファンでいっぱいでした。
電車とともに(可部駅)
最後の夏(三段峡駅)
太田川に沿って(香草駅付近)

home駅名標の旅(廃止・転換路線)menu可部線

home駅名標の旅(廃止・転換路線)menu可部線