JR九州 鹿児島本線 (八代〜川内)
肥後高田 平成15年8月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅舎は典型的な九州タイプの簡易駅舎です。八代市内の住宅地に駅はあります。
八 代 鹿児島本線熊本方面はこちらから
肥後二見 平成15年8月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅裏は干拓地となっていてその向こうに防波堤を隔てて海があります。
日奈久 平成15年8月撮影

駅舎の様子はこちらへ
古くからの温泉街で観光地を意識した木造駅舎が残っています。今は走ることもない475系をバックに撮影。
肥後田浦 平成15年8月撮影

駅舎の様子はこちらへ
島式ホームは片面のみの使用で、雑草が生えていました。駅舎側の1番ホームには国鉄行灯式駅名標があります。
上田浦 平成15年8月撮影

駅舎の様子はこちらへ
島式ホームだけの駅。ホーム上の跨線橋の入口に切符を入れるボックスがあります。跨線橋から眺める八代海が綺麗な駅です。
湯 浦 平成15年8月撮影

駅舎の様子はこちらへ
八代以南の国鉄型駅名標は傷みが激しく、いずれJR型に取り替えられてしまうかもしれません。湯浦駅も例外ではなく錆がひどくその上、草に埋もれてしまいそうです。
佐 敷 jrq-sashiki 平成15年1月撮影

駅舎の様子はこちらへ
クハ455系の車内から。こうして駅名標の正面に停車してくれることは滅多にありません。
海 浦 jrq-uminoura 平成15年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
鹿児島本線当時から数少ない1面1線の駅で駅舎もない無人駅でした。山手の高台にあり、麓の集落と八代海の眺めがとても綺麗な駅です。
jrq-fukuro 平成15年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ

鹿児島本線3(鹿児島方面)はこちらへ
車内からの撮影の上、錆がひどく、読みとりにくい駅名標です。
水 俣 jrq-minamata 平成15年1月撮影

駅舎の様子はこちらへ
九州新幹線は、八代方に「新水俣」駅が設置されたので、第3セクター専用駅になってしまいました。
津奈木 平成15年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅横を九州新幹線がクロスしています。駅舎外壁のJRタイプ駅名標は、アルファベットのフォントが標準タイプと異なるものが設置されています。
sub1-kagoshimaline3-top-photo  平成16年3月の九州新幹線開業に伴い、第3セクターである「肥薩おれんじ鉄道」に移行した区間です。
 貨物列車を除いて、JRの列車が運行することはありませんが、当面はJR・国鉄当時の駅名標がそのまま使用されることになりました。



←東シナ海の夕景(薩摩高城〜西方間を走る「つばめ」車内から)
上川内 平成15年6月撮影
川内市の郊外にあり、周囲は郊外型店舗が点在しています。鳥居型駅名標は近くの新田神社に由来するものです。
草 道 平成15年6月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅舎は簡易駅舎となっています。海沿いにありますが、周囲は山ばかりです。
薩摩高城 jrq-satsumataki 平成15年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅の回りには人家がほとんどなく、国道を走る車の音だけが聞こえます。跨線橋から東シナ海がすぐそこに見えます。写真は木製国鉄型駅名標。
西 方 jrq-nishikata 平成15年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ
海水浴場が近くにあり、夏場は賑わい
ます。駅舎は簡易駅舎となっています。
薩摩大川 jrq-satsumaokawa 平成15年6月撮影

駅舎の様子はこちらへ
小駅ながら、駅舎壁には国鉄行灯式駅名標も残る駅。
牛ノ浜 jrq-ushinohama 平成15年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ
地面から抜かれてトイレの壁に立てかけられた木製国鉄型駅名標。駅の前は国道を挟んで東シナ海が広がりとても眺めのいい駅です。
阿久根 jrq-akune 平成15年1月撮影

駅舎の様子はこちらへ
特急「つばめ」も停車していましたが、新幹線網から外れたこともあり、川内や出水に比べるとやや寂しい感じのする構内でした。
折 口 jrq-origuchi 平成15年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ
2面あるホームの島式ホームにある国鉄木製駅名標です。駅舎は簡易駅舎となっています。
野田郷 jrq-nodago 平成15年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ
イラストは、ミカンではなくネーブルです。
小さくかわいい駅舎があります。
高尾野 jrq-takaono
平成15年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅舎に貼り付けられたパネル式の駅名標です。イラストには植木の町と説明がありました。
西出水 jrq-nishiizumi 平成15年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅舎は立派なコンクリート造りです。島式1面ホームにはJRタイプの駅名標があります
出 水 jrq-izumi 平成15年1月撮影

駅舎の様子はこちらへ
豪快な、かなフォントです。このタイプの駅名標は走行中の列車からでも、かなり判別できます。
米ノ津 jrq-komenotsu 平成15年1月撮影

鹿児島本線2(熊本方面)はこちらから

駅舎の様子はこちらへ
ここから南が鹿児島県です。このあたりの鹿児島本線は普通列車が1日10往復程度しかありませんでした。
川 内 鹿児島本線鹿児島方面はこちらから
駅名標の旅MENU
MAIN MENU
TOP PAGE
リメイク475系(出水駅)
つばめと普通の交換(上田浦駅)
八代海をバックに(肥後二見-日奈久)