平成17年1月9日訪問
                        訪  問  後  記

 福岡都市圏の膨張とともに、いつのまにか筑肥線では最大級の規模を持つ駅に成長してしまった駅。駅前は比較的小規模のビルが建ち並ぶ昔ながらの光景を保っていますが、その向こうには高層マンションがいたるところに林立する都会的な光景の街へ変貌しました。
 筑前前原駅は大正13年開業です。前原市の代表駅として年々発展し、現在は立派な橋上駅舎があります。


構内

常に唐津・福岡方面へのJR・地下鉄車両が待機している2面4線の広い構内。


福岡県JR路線図
駅舎の旅MENU
TOP PAGE
福岡県JR路線図
駅舎の旅MENU
TOP PAGE
駅前の様子

それほど大きなビルはありません。
出札

自動券売機の台数が少ないのか、行列ができていました。

コンコース

利用客が多い割には、たまたま閑散としているときに撮影できたようです。
改札

簡易タイプではなく標準タイプの自動改札機が5台あります。発着案内板もモニター式ではなくLED式でした。